国内も海外旅行も重たい悩みから解放!ついに人が乗れる電動スーツケースが販売開始に!

旅行では、いつも重たいスーツケースを持って歩くのが疲れる……。そんな悩みから解放してくれるのが、電動スーツケース「Modobag」だ。確かにスーツケースに乗って移動すれば海外旅行も快適になるはず!

最高速度12.8km、9.6kmも走れるスーツケース

ついに人が乗れる電動スーツケースが販売開始に!

(Image:modobag.com)

国内、海外旅行に行くときは、いつも重たいスーツケースを持って移動するのが辛い……。「そうだ、スーツケースをバイクにすればいい!」そう考えたのが、アメリカ・シカゴ在住のK.オドネル氏。彼は実際にクラウドファンディングで電動スーツケースの制作を発表。ついに「Modobag」の販売にこぎつけた。
「Modobag」には、スロットルやブレーキが付いたハンドルが装備されており、実際に体重117kgまでの人を乗せて走行することができる。最高時速は12.8kmで、1回の充電時間は1時間。フル充電で最大約9.6kmも走行できるという(体重86kgの人の場合)。また、ハンドルの付け根にUSBポートが2つあるので、スマホの充電もできて便利だが、容量は約33Lしかないのでスーツケースとしてはやや小ぶりになる。「Modobag」の販売価格は1495ドル(1ドル107円で約16万円)で、すでに公式サイトで販売されており、誰でも購入可能だ。

果たして手荷物として機内に持ち込めるのか?

ついに人が乗れる電動スーツケースが販売開始に!

(Image:modobag.com)

メーカー MODOBAG

スーツケースをバイクにした画期的な「Modobag」だが、ちょっと気になることもある。まず、日本では法律によって公道の走行は許されないが、果たして空港内での走行が許されるのだろうか? それ以上に気になるのが飛行機に積めるかどうか。「Modobag」はリチュウムイオンバッテリー搭載なので手荷物で持ち込むしかない。サイズはH56×W36×D22cmで重量も約9.07kgなので、手荷物としての条件はクリアできるが、大容量のリチュウムイオンバッテリーが、日本の航空会社でどう判断されるかは不明である。どうしても「Modobag」が欲しい人はあくまでも自己責任で購入してほしい。