iRobotの進化形! 水拭きする床拭きロボット

お掃除ロボットでゴミは取れるが、フローリングの場合は拭き掃除も必要になる。そんな要望に応えてくれるのが、iRobotから登場した床拭きロボット「ブラーバジェット」だ。これでフローリングもピッカピカに!

開発はルンバでお馴染みのiRobot!

iRobotの進化形! 水拭きする床拭きロボット

(Image: irobot-jp.com)

 すでにお掃除ロボットは珍しくない存在になってきたが、やはりフローリングやタイルは拭き掃除も必要になってくる。そこでおすすめしたいのが拭き掃除ロボット「ブラーバジェット(Braava jet)」だ。
「ブラーバジェット」は、お掃除ロボットの代名詞ルンバでお馴染みのiRobot社が開発。使用方法はルンバとほとんど同じで、専用の拭き掃除用パッドと水拭き用の水を入れる必要があるものの、部屋に置いて「Clean」ボタンを押すだけでOK。
「ブラーバジェット」には、水拭きと乾拭きモードがあるが、水拭きモードでは一度前進して障害物がないことを確認したあとにバックし、前方に水を噴射してその上を通り抜けるように拭き掃除を行う。そのため壁などの障害物を水で濡らすことはない。乾拭きモードではルンバ同様、そのまま黙々と床を拭き掃除する。

振動拭き掃除で頑固な汚れもしっかり除去!

iRobotの進化形! 水拭きする床拭きロボット

(Image: irobot-jp.com)

iRobotの進化形! 水拭きする床拭きロボット

(Image: irobot-jp.com)

「ブラーバジェット」の水拭きを見ていると、ただ水を撒いてその上を通り過ぎているように見えるが、実は専用拭き掃除パッドが細かく振動している。その振動でしっかりと汚れを擦り取っているのだ。そのため、頑固な汚れも意外なほどしっかりと落とすことができる。なお、クリーニングパッドは使い捨てで手も汚れない仕様だが、最大50回洗える洗濯可能なパッドも用意されているので経済的だ。
 もちろん、ルンバ同様、掃除が終われば自動的に元の場所に戻って充電するほか、スマホの専用アプリでコントロールするこも可能である。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

iRobot 床拭きロボット ブラーバ ジェット240 ホワイト

iRobot 床拭きロボット ブラーバ ジェット240 ホワイト

アマゾンで購入
iRobot HOME

iRobot HOME

アマゾンで購入 楽天で購入

iRobotの進化形! 水拭きする床拭きロボットのページです。オトナライフは、【デバイス】の最新ニュースをいち早くお届けします。