動画を落とさずストリーミングTorrentから直接動画を再生できる

日本ではあまり見ることがなくなったTorrentですが、世界規模ではまだまだ現役。このソフトを使えば動画ファイルを落とさずにTorrentファイルから直接ストリーミング再生できる。

海外ではいまだ現役のファイル共有

Torrentから直接動画を再生できる

 P2Pソフト「Winny」による著作憲法違反事件を皮切りに動画のダウンロードが違法化され、日本ではめっきり見ることがなくなったTorrentによるファイル共有ですが、海外ではいまだ現役で多くの画像や動画、プログラムなどがアップされている。
 こうしたTorrentファイルを使って動画をダウンロードするのではなく、ストリーミングで見ることができるのが「Soda Player」です。Torrentファイルから直接動画を再生できるソフトは他になく、ファイルをダウンロードすることがないため安全に使用できるのが大きなメリットだ。

「Soda Player」公式サイト インストールは→こちら

公式サイトから入手してインストール

Torrentから直接動画を再生できる

 まずは公式サイトにアクセスしてインストーラーを入手しよう。このファイルを起動するだけでインストールが開始されるので、初心者でも簡単にインストールすることができる。
 インストールが完了するとSoda Playerが起動するので、ここにTorrentファイルをドラッグ&ドロップで追加しよう。

Torrentから直接動画を再生できる

 Torrentファイルは海外のトラッカーサイトと呼ばれる配布サイトから入手しましょう。このときにチェックしたいのは、ファイルの利用者が多いものを選ぶこと。ファイルを使用しているユーザーが多いほど通信規模が大きく、素早く読み込まれることになる。
 多くのトラッカーではファイルごとにアクセス数などが表示されているもで、これを参考にしよう。

Torrentから直接動画を再生できる

 Torrentファイルを登録するとすぐに読み込みが開始され、動画が再生される。通信環境によっては読み込みにやや時間がかかることがあるが、その場合には動画を一時停止して読み込みを先行させよう。
 一度動画の再生が開始されると画質や音声が安定し、コマ落ちなども起こりにくくなる。

シンプルだけど意外に便利な機能も

Torrentから直接動画を再生できる

 このソフトは非常にシンプルな作りになっており、ほかのプレイヤーに比べると動画そのものを操作(早送り、シーンスキップなど)する機能はシークバー上でのスキップ以外搭載されてない。これは再生と同時にファイルの読み込みが行われているためだ。
 プレイヤーソフトとしてはやや物足りなさを感じるかもしれないが、Torrentファイルから直接ストリーミングという大きなメリットがあるため、持っておいて損はない。
 また、このソフトはChromecastでリモート再生を行うことができる。これを使えば家庭のテレビでも簡単に再生できるのでおすすめだ。
 動画ファイルを日常的に再生するプレイヤーソフトとは別に、この「Soda Player」を入れておけば、ちょっとレアな動画も気軽に楽しめるようになる。