火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」

米国のクラウドファンディング「INDIEGOGO」で画期的な調理器具が発売された。まったく火を使わずに食材を調理できる「Yabul Cook(ヤブルクック)」は、キャンプや登山だけでなく、災害時の緊急用としても役に立つ!

クラウドファンディングで人気の無炎調理器具

火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」

(Image:ybcook.com)

米国サンフランシスコにあるクラウドファンディング「INDIEGOGO」で話題となった、画期的な無炎調理器「Yabul Cook(ヤブルクック)」を紹介しよう。
この「Yabul Cook」は火を使わずに調理できる無炎調理器具。本体は軽量で密閉できるシリコン製の容器で、そのなかに食材を入れたジッパーバックと専用のヒートパックを入れるだけで、食材をどこでも簡単に調理できるのだ。本体重量は約284gしかなく、シリコン製の容器なので、普段はグルグル巻いてコンパクトに収納できるため、キャンプや登山などに持って行っても邪魔にならないのがうれしい。

火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」

(Image:ybcook.com)

本体はシリコン製なので、普段はグルグル巻いてコンパクトに収納できるのが◎

火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」

(Image:ybcook.com)

使い方は簡単。専用ジッパーバッグに食材を入れたらフタを閉め、150~180mlの水を入れて10~15分待てば食材が蒸し上がる

誰でも簡単に調理ができる「Yabul Cook」

「Yabul Cook」の使い方は簡単だ。まず、専用ジッパーバッグに食材を入れたら、専用のヒートパック(発熱剤)と一緒にYabul Cook本体に入れる。そして150~180mlの水を入れてフタを閉め、10~15分ほど待てば食材が蒸し上がるというわけだ。
「INDIEGOGO」サイトでは、すでにさまざまなセットが販売されているが、もっとも安いのは、61ドル(約6649円)のSOLOセット。「Yabul Cook×1、ヒートパック×5個、ジッパーバッグ×5個、Yabulバッグ」に、おまけでヒートパックが25個が付いているお得なパックだ。ちなみに、Yabul Cook本体のカラーは、オレンジ、黄、青、赤の4種類から選択可能。もし、興味のある人は販売サイトを確認してみよう。

火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」

「Yabul Cook(ヤブルクック)」購入は→こちら

「Yabul Cook(ヤブルクック)」公式サイトは→こちら

火を使わない画期的な無炎調理器「ヤブルクック」のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ】の最新ニュースをいち早くお届けします。