「検索オプション」を使おう【便利技】Googleのキーワード検索の効率を上げたい!

Google検索で絞り込み検索をするには、キーワードを単純に追加する以外に「−」や「” “」、「intitle:」などの検索演算子を使用する方法がある。検索演算子を覚えておけば、キー入力だけでいろいろな検索ができて便利だが、たまにしか使わない検索演算子を覚えておくのは面倒だ。そんなときは、「検索オプション」のページを利用しよう。

上手に検索するには絞り込みが必須

Googleのキーワード検索の効率を上げたい!

(Image:Shutterstock.com)

 検索のキモは2つある。1つはキーワードの選び方だ。調べたいことがキーワードの意味なら「◯◯◯とは」で検索すればいい。しかし、もっと込み入ったことを検索したいときは、2つ以上のキーワードを組み合わせて検索するが、その際、どういうキーワードで検索するかで検索の効率は大きく変わってくる。上手に検索している人は、キーワードの選び方も上手なはずだ。
 もう1つのキモは、検索演算子の使い方だ。2つ以上のキーワードを入力して検索すると、通常、AND検索になる。「A(スペース)B」と2つのキーワードを並べると、AとBの2つの両方のキーワードに関係したページが検索にヒットする。また、マイナスをキーワードの前につけると、そのあとのキーワードを含まないページがヒットする。「A -B」とすれば、Aに関係あって、Bを含まないページを検索できるわけだ。
 他にも検索演算子はいくつかあるが、マイナーな演算子の文法を覚えておくのは面倒だ。そんなときは、「検索オプション」のページから検索演算子を使わず、同様の検索を行うといいだろう。

【手順】

Googleのキーワード検索の効率を上げたい!

大きい画像を表示

検索結果のページで「設定」をクリックする。Google検索のトップページ右下に表示される「設定」をクリックしてもよい。

Googleのキーワード検索の効率を上げたい!

大きい画像を表示

検索したいキーワードと、絞り込みの条件を入力し、画面右下の「詳細検索」をクリックする。

Googleのキーワード検索の効率を上げたい!

大きい画像を表示

入力した条件での検索結果が表示される。

「ツール」を使ってさらに絞り込む

 検索結果が得られたとき、もっと絞り込みたいときにキーワードを追加する方法もあるが、別の観点から絞り込む方法も知っておきたい。まず、ヒットした結果から新しいものを得たいなら、「ツール」→「期間限定なし」をクリックして「1カ月以内」や「1週間以内」を選択すればよい。「期間を指定」をクリックすると、特定の時期に公開・更新されたページを検索できる。また、「すべての結果」をクリックして「完全一致」を選択すると、複数のキーワードをその順番で含むページを優先して表示してくれる。
 英単語を検索したいとき、日本語での解説を優先的に探したいなら、検索結果で「ツール」→「すべての言語」をクリックして、「日本語のページを検索」をクリックする。日本語で書かれたページがトップに表示される。英語のことわざの意味を日本語で読みたいときなどに便利だろう。