SIMカード交換手数料3000円節約

SIMカードをカットしてサイズ変更できるアダプター

スマホを格安SIMに乗り換えるとき、SIMカードサイズを間違えると、SIMカード交換手数料を3000円ほど取られてしまう。そんなときはSIMカードカッターでサイズを変更しよう。これで無駄な手数料を支払わずに済む!

大きなmicro SIMを小型のnano SIMにカットできる!

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター

(Image: Amazon.co.jp)

 そろそろスマホの料金を安くできる格安SIMに乗り換えたいと思っている人も多いはず。しかし、格安SIMは自分でSIMカードサイズを選ぶ必要があるため、間違って契約してしまうこともある。もし、SIMカードサイズを間違えてしまうと、SIMカード交換手数料を3000円程度支払わなければならなくなる。そんなときにおすすめなのが「SIMカードカッター」だ。これがあれば、大きいサイズのSIMカードを小さくカットすることができる。
 そもそも「SIMカード」とはスマホの電話番号や電話帳などのデータが記録されたICカードのこと。このSIMカードには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」という、サイズの異なる3種類が存在しており、自分のスマホが対応しているサイズのSIMカードでないと装着できないというわけだ。

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター

(Image: Amazon.co.jp)

大きい画像を表示

SIMカードカッターは、micro SIMか標準SIMをnano SIMカードサイズに変更することができる

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター

(Image: Amazon.co.jp)

大きい画像を表示

SIMカードカッターのほかに、SIMカードアダプタやSIM取り出しピン、紙やすりなどが付属する

機種変更したときもSIMカードカッターが役に立つ!

SIMカードをカットしてサイズ変更できるアダプター

(Image: Amazon.co.jp)

大きい画像を表示

SIMカードアダプターは「nano→micro」「nano→標準」「micro→標準」の3タイプがある

 最近のスマホはiPhoneだけでなくAndroidでもnano SIMを採用することが多くなっている。そのため、数年前のスマホから最新のスマホに乗り換えると、SIMカードサイズがmicro SIMからnano SIMに変わっていたということがある。そんなときでも、SIMカードカッターがあればSIMカード交換をしなくて済むのだ。
 また、このSIMカードカッターには小さいサイズのSIMカードを大きいサイズに変更できる「SIMカードアダプター」も同梱されている。たとえば、micro SIMのスマホを海外で使うとき、間違ってnano SIMを買った場合には、このカードアダプターでサイズアップすることも可能である。

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター

アマゾンで購入

SIMカードをカットしてサイズ変更できるアダプターのページです。オトナライフは、【デジタルiPhone8SIMカードスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。