チェーン系飲食店で使える裏ワザ!

近年益々その数を増やし続けるチェーン系飲食店。どこにでもあって、安価で美味しいものを食べられると、我々庶民の強〜い味方といえる。そんなチェーン店には、実はもっとお得に利用することができる、いわゆる「裏技」が存在しているのだ!

ちょっと店員さんに声をかけるだけでさらに!

チェーン系飲食店で使える裏お得ワザ!

(Image:walterericsy / Shutterstock.com) (Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

「軽く外食でもしようかな〜」などというとき、おそらく一般庶民であれば、真っ先に浮かぶのはいつだって同じクオリティで美味しいご飯を提供してくれるチェーン店だろう。
 ファストフード、レストラン、麺類に寿司など、もはやチェーン店のない料理の方が少なく、どんな地方でもちょっとした都市部に行けば、大抵食べたいものを食べることができる。
 価格帯も非常に庶民の懐に優しくコスパが非常に高いと言えるチェーン店だが、実はいくつかの店舗では、さらに高コスパに利用することができる「裏技」が存在することをご存知だろうか? そのほとんどが、ちょっと店員さんに声をかけるだけという、ほとんど手間もかからないものばかり。ここではそんな裏技の一例を紹介していくので、次回下記チェーン店に立寄った際にはぜひ試してみて欲しい。

①マクドナルド

チェーン系飲食店で使える裏お得ワザ!

(Image:walterericsy / Shutterstock.com)

 日本全国に約3000店舗を構える、言わずとしれたファストフード最大手のマクドナルドには、複数の裏技が存在する。
 まずは基本。ご存知の方も多いかと思うが、バーガーやポテトなどの食べ物類を注文した場合、ケチャップを1つ(ポテトLの場合は2つ)無料で付けてもらうことができる。それ以上の場合1つ10~20円取られることもあるので注意。
 また、5ピース入りのマックナゲットを注文した際、店員さんに
「ソースはバーバキューとマスタード(期間限定によってはさらに増加することも)のどちらになさいますか?」と聞かれると思うが、ここで選ぶのではなく、「両方でお願いします」と伝えると、どちらももらうことができる。
 次に、バーガー類に使われている「ピクルス・オニオンなどの一部具材」及び「オリジナルソース」の大盛りが可能。こちらは注文の際に、「トッピング(とソース)を多めにして下さい」と伝えるだけ。
 大盛りの増加量に関して問い合わせて見たところ、「厳密には決まっていないが約2倍を目安にしている」とのこと。実際に食べてみると、かなりボリュームがアップしているのがわかる。
 他にも、揚げたてのフライ系を食べたい場合は、「揚げたてにして下さい」と言うだけで新しく揚げてくれるなど、マクドナルドにはたくさんの裏技が存在している。「これはできないのかな?」と迷ったら、とりあえず店員さんに聞いてみてもいいだろう。

②カレーハウスCoCo壱番屋

チェーン系飲食店で使える裏ワザ!

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

 カレーチェーンといえば、もはやココ以外にない! といっても過言でないほどの知名度を誇る「ココイチ」ことカレーハウスCoCo壱番屋。奥深いスパイスの旨みたっぷりのルーが、もはや家庭の味以上に舌に馴染んでいる、なんて人も多いのではないだろうか?
 さて、そんなカレーハウスCoCo壱番屋にも裏技的なものが存在する。
 それは「ルーのおかわりが無料」というもの。注文の際にルーを多めにすると追加料金がかかるが、カレーを食べた後でご飯が残っている場合に限り、おかわりが1回だけ無料になるのだ(通常は103円)。
 これを応用して、例えばポークカレー(463円)を、ルーとライスが半分でドリンクが1杯(154円)付いてくるハーフサイズで注文(360円)し、さらに白米150g(103円)を追加。すると、通常のポークカレーと同じくライスが300gになる。少な目になっているルーは前述のおかわり無料サービスを活用して増せば…なんと通常サイズのカレーに、ドリンクがタダでついてくることと同じになるのだ。
 多彩なカスタマイズが楽しめるカレーハウスCoCo壱番屋。もしかしたら、よりオトクな組み合わせがあるかもしれない。メニューと睨めっこして、もっとお得な注文方法を探してみてはいかがだろう。

③すき家

チェーン系飲食店で使える裏ワザ!

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

 牛丼チェーン最大手に君臨するすき家にはメニューに書かれていない「牛丼キング」という、いわゆる裏メニュー的な超大盛り牛丼が存在する。
 この「牛丼キング」は「メガ盛り」(ご飯360g、肉255g)の2倍という大ボリュームでありながら1140円。これを2名でシェアすると1人570円となり、メガ盛り(780円)よりも、実に210円もお得になるのだ。
 ただし、すき家コールセンターによると、
「基本的に1人1品の注文をお願いしているので、可能ならばシェアは遠慮して頂きたい」が、子供連れの場合にはシェアを特に禁止しておらず、「店舗に相談して欲しい」とのこと。もしも食べ盛りのお子さんがいるのであれば、この「牛丼キング」をシェアさせてもらってもいいかもしれない。
 また、牛丼以外にカレーやマグロ丼などもキングサイズが用意できるとのこと(一部店舗除く)。ただし容器の都合上、持ち帰りはできないそうなので注意しよう。

ここまでで代表的な大手チェーンの裏技を紹介した。ただしこれらは、突然のサービス廃止や、在庫の量、営業時間などによっては断られることもある。その際は速やかに諦めて、揉めることないように心がけて欲しい。
モラルとマナーを守って、お店も自分も気持ちよく、お得にチェーン店での食事を楽しもう。

チェーン系飲食店で使える裏ワザ!のページです。オトナライフは、【グルメすき家ファストフード得する】の最新ニュースをいち早くお届けします。