扶養控除ってこんなにお得!

両親を扶養に入れると15万円も税金をカットできる!?

田舎の両親を「扶養」に入れるのも可能

両親を扶養に入れると15万円も税金をカットできる

納税額の減少率は、親の年齢や収入によって変化する。70歳以上の別居の親が1人いる場合、500万円以下の収入の人で6万2000円、500万円~ 700万円までの収入の人なら10万3000円もの減額が受けられるのだ

 両親は田舎に住んでいて、自分は都会で1人暮らしまたは家族と住んでいる、というパターンはとても多い。こんなとき、毎年支払っている所得税の控除を受けられる可能性があることをご存知だろうか?
 田舎の両親を「扶養」に入れると、その分扶養控除が認められる。実際に一緒に住んでいる必要はない。同居している場合には、さらに上乗せで控除を受けられる制度になっているからだ。
 扶養人数がひとり増えると、38万円分の所得控除が認められるので、だいたい年間7万円程度の税金カットを受けられることになる。両親を2人とも扶養に入れると、それだけで所得税が15万円も低くなるのだから、これを利用しない手はない。もちろん、自分が都会で独立して家庭を持っていても、両親を扶養に入れることは可能だ。
 現在両親が田舎暮らしをしていて、誰の扶養にも入っていないなら、一度検討してみてはいかがだろうか。

両親を扶養に入れると15万円も税金をカットできる!?

被扶養者として、70歳以上の親が1人いると、別居の場合で48万円の控除となり、同居の場合に58万円の控除が受けられる。住民税の控除もあり、別居の場合で38万円、同居の場合で45万円となる

国税庁は→こちら

 

両親を扶養に入れると15万円も税金をカットできる!?のページです。オトナライフは、【マネー得する扶養税金】の最新ニュースをいち早くお届けします。