かぶって寝る快眠ドームまくら!適度な閉塞感で熟睡

夏の夜、涼を求めて窓を開ければ街の雑音や光が、閉め切ればクーラーの音やLEDランプの明るさが気になる……。深い眠りを求めるなら「かぶって寝る快眠ドーム」がおすすめ。光と音を遮り、適度な閉塞感で安心して熟睡できる!

専門医が監修! 適度の光量と静けさが快眠を促す

かぶって寝る快眠ドームまくら!適度な閉塞感で熟睡

(Image: Amazon.co.jp)

 睡眠時の「明るさ」には個人差があるが、蛍光灯の明かりには青色波長が含まれており、身体が昼間と勘違いして眠りが浅くなってしまう。また、雑音に関しても一般的に40デシベル(図書館内)を超えるとよく眠れないといわれている。とはいえ、都会では自宅やアパートが必ずしも眠りに適した環境ではない。ならば、寝室をそのような環境にすればいいはず……。
 そこで紹介したいのが、PROIDEA「かぶって寝る快眠ドーム(IGLOO)」だ。これは睡眠の専門医が監修した遮光率99.9%、吸音率126%という三重構造のドーム状カバーで、光と音を睡眠に適したレベルまでシャットアウトできる優れもの。アイマスクや耳栓をするような圧迫感を感じることなく、リラックスして眠れるというわけだ。

「適度な閉塞感」が安心感を得られるポイント!

かぶって寝る快眠ドームまくら!適度な閉塞感で熟睡

(Image: Amazon.co.jp)

 人間は広い場所よりも狭い場所にいる方が安心する生き物だ。睡眠時でもそれは同じで、すっぽり包まれている感覚のほうがリラックスできるという。PROIDEA「かぶって寝る快眠ドーム(IGLOO)」は、こうした人間工学を元に設計されており、寝返りを打てる最低限の閉塞空間でありながら、息苦しさを感じさせない絶妙なサイズを実現。一見、窮屈そうに見えて意外に奥行きがあり、奥には通風孔もある。使い慣れた枕と共に頭を入れても、十分なスペースが確保されているのだ。
 高い防音と遮光効果、そしてリラックス感。夜の睡眠だけでなく短時間で深い睡眠をとりたいときにもPROIDEA「かぶって寝る快眠ドーム(IGLOO)」が活躍しそうだ。

文=

PROIDEA プロイデア かぶって寝るまくら IGLOO

PROIDEA プロイデア かぶって寝るまくら IGLOO

アマゾンで購入

かぶって寝る快眠ドームまくら!適度な閉塞感で熟睡のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ健康睡眠】の最新ニュースをいち早くお届けします。