会議の書類を読み込んでテキスト化!ハンディスキャナー

どんどん溜まる仕事関係の書類。整理されていなければ何の役にも立たない。そこでおすすめしたいのがハンディスキャナーだ。OCR機能付きなら、スキャンした書類を画像として読み込むだけでなく、テキストデータとして保存することも可能になる!

書類の山とオサラバしてデキるビジネスマンに!

会議の書類を読み込んでテキスト化!ハンディスキャナー

(Image: Amazon.co.jp)

 会議や打ち合わせの書類は毎日のように溜まっていき、やがて整理がまったく追い付かなくなる。だが、整理されていない書類はただのゴミの山でしかない。必要な書類が必要なときにサッと取り出せてこそ、デキるビジネスマンといえるのだ。そんな書類管理ベタなビジネスマンにおすすめしたいのが、「OCR機能付きハンディスキャナー」だ。
 この「OCR機能付きハンディスキャナー」は、書類の上からなぞるだけでデジタル画像化できるだけでなく、「OCR機能」によって画像の文字をテキストデータ化できる機能があるのが素晴らしい。文字だけの書類なら、テキストファイルとして保存できるので、データ容量をかなり圧縮できる。

会議の書類を読み込んでテキスト化!ハンディスキャナー

(Image: Amazon.co.jp)

スリムな本体だが、解像度や保存形式の変更なども液晶モニターで確認しながら簡単にできる。また、スキャンしたデータは32GBまでのmicroSDカードに保存可能だ

会議の書類を読み込んでテキスト化!ハンディスキャナー

(Image: Amazon.co.jp)

パソコンとUSBケーブルで接続できるので、スキャンしたデータは簡単にパソコンに転送することができる

出張先でも手軽に書類をスキャンできる!

 この「OCR機能付きハンディスキャナー」の基本性能を確認しよう。まず、スキャンできるサイズはA4(カラー/モノクロ)まで。解像度は300/600/900DPIの3段階切替が可能で、保存形式はJPEGかPDFが選択できる。本体にはmicroSDカード(最大32GB)スロットがあり、データはSDカードに保存可能。また、USBケーブルとパソコンを接続すれば、データをパソコンに転送することもできる。
 そして、この「OCR機能付きハンディスキャナー」のサイズは、25.7×3×24.5mmとコンパクトで重さはたった150gしかない。出張先に持って行ってもかさばらないのがポイントだ。たとえば、出張先で入手した大量の資料も、ホテルでスキャンしてしまえば、重たい紙の資料はその場で破棄することも可能になる。

ハル ハンディスキャナー

ハル ハンディスキャナー

アマゾンで購入

会議の書類を読み込んでテキスト化!ハンディスキャナーのページです。オトナライフは、【デバイススキルビジネス】の最新ニュースをいち早くお届けします。