10万円の生活費がもらえる「求職者支援制度」って!?

「求職者支援制度」とは、失業保険を受給できない人を対象にした、受講料無料で3〜6カ月の職業訓練を受けながら、月10万円の給付金プラス交通費を受け取れる制度をいう。多数あるプログラムの中から、自分の就職したい分野のコースを選択できるが、テキスト代は自己負担になる。職業訓練には、企業で働く基本を学ぶ「基礎コース」と、介護や経理、医療事務などのスキルを身につける「専門コース」がある。
ただし、訓練コースは都道府県のハローワークが管轄しているので、どの地域でも希望のコースが受講できるわけではない。また、Web デザインやネイリスト、エステティシャンといった人気のコースは倍率が高く、必ず受講できるとは限らない。そして、月10万円の給付については、家族の収入や資産により制限がある。さらに、遅刻や欠席があると受給できないこともあるので、注意が必要だ。

職業訓練受講給付金を受け取る条件

10万円の生活費がもらえる「求職者支援制度」って!?

(Image:Shutterstock.com)

●本人収入が月8万円以下
●世帯全体の収入が月25万円以下
●世帯全体の金融資産が300万円以下
●現在住んでいるところ以外に土地や建物を所有していない
●すべての訓練実施日に出席している
●同世代の中に同時にこの給付金を受給して、訓練を受けている人がいない
●過去3年以内に、偽りその他の不正行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない。

 

厚生労働省 職業訓練受講給付金(求職者支援制度)は→こちら

求職者支援制度を受けるまでの流れ

10万円の生活費がもらえる「求職者支援制度」って!?

文=

10万円の生活費がもらえる「求職者支援制度」って!?のページです。オトナライフは、【マネースキル失業得する】の最新ニュースをいち早くお届けします。