ミュートやブロックを使いこなそう

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

Twitterのタイムラインを表示していると、不快に感じるツイートが表示されることがある。たいてい同じユーザーがツイートしている場合が多く、中には嫌がらせの如く同じようなツイートの連発や、詐欺まがいのビジネス情報ばかりをツイートしてくるようなユーザーもいる。そんなユーザーには、ツイートを非表示できる機能を使って対処するとよい。

ミュートをオンにしてツイートをできるだけ目に入らないように

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

(Image:chrisdorney / Shutterstock.com)

 非表示にするための機能はふたつあり、「ミュート」と「ブロック」というものがある。ミュートは相手に配慮しつつ、ツイートを表示させないようにする機能だ。ミュートにしても表面的な表示に変化はない。DMの送受信もできるし、ミュートした相手の通知も表示される。そのため、相手にミュートしたことがバレる可能性はほとんど無い。ツイートが不快だと感じる場合、まずはミュートを利用して様子を見るとよい。

【手順】

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

ミュートしたいユーザーのタイムラインを開き設定ボタンをタップする

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

「(ユーザー名)さんをミュート」をタップする

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

確認ダイアログが表示されるので「はい」をタップする

ブロックをオンにしてフォローを相互的に解除する

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

ブロックしたいユーザーのタイムラインを表示し設定ボタン→「(ユーザー名)さんをブロック」の順にタップする

 ミュートより強力なのがブロックだ。ブロックでは相手とのフォローを相互的に強制解除できる。DMの送受信もできないし、新着ツイートの通知も表示されなくなる。そのため、コミュニケーションが全くできない状態になるので、ブロックした相手にも気づかれやすい。

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

確認ダイアログが表示されるので「ブロック」をタップする

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

ブロックすると図のようにブロックされていると表示される。解除するには「ブロック中」をタップする

リツイートのみを非表示にする

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

リツイートを非表示にしたいユーザーのタイムラインを表示し設定ボタン→「リツイートは表示しない」の順にタップする

 ツイッターユーザーの中には、ツイートはまともなのに、リツイートの内容が酷い場合がある。フォローしているユーザーでのみ有効できる機能だが、リツイートのみを非表示にする機能を使うと、そのユーザーが行うすべてのリツイートが表示されなくなる。

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたい

図のような「(ユーザー名)さんがリツイート」となっているリツイートが全て表示されなくなる

 不快なユーザーに対処するには「ミュート」と「ブロック」の使い分けが大事である。いきなりブロックすると、相手に気づかれて余計に嫌がらせされる場合もあるので、ミュート→ブロックと段階を踏んで対処するとよい。

Twitter

Twitter

アマゾンで購入 楽天で購入

【Twitter】特定のユーザーのツイートを非表示にしたいのページです。オトナライフは、【SNSTwitterアプリスマホ便利】の最新ニュースをいち早くお届けします。