「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

Twitterは、ほかのユーザーとの交流が進んでフォロワーが増えていくと、新着通知が多くなる傾向にある。そのため、フォロー外の人からのDMや、リツイートなどの通知もすべて受け取っていると、常にTwitterの通知がスマホに届く状態になってしまう。また、自分の人気が高くなった結果、悪意のあるユーザーからたくさんのDMが届いたりなどの嫌がらせを受ける可能性もある。Twitterには、そのような問題への対策として、通知を受ける対象を絞り、必要なときにだけ通知が届くようにするための、「詳細フィルター」という機能がある。

詳細フィルターをそれぞれオンに設定しよう

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 通知を非対象にできるユーザーアカウントは、6種類用意されている。自分のアカウントの人気が高い場合には、フォロー外のユーザーがDMやリツイートをしてくるはずなので「フォローしていない」と、「フォローされていない」のフィルターをオンにして、通知の対象を自分のフォロー関係者のみにしよう。悪意のあるユーザーからの迷惑行為が多い場合は、「プロフィール画像が設定されていない」「メールアドレスが未認証」「電話番号が未認証」などのフィルターをそれぞれオンにしてみよう。迷惑行為を行うために、意図的に量産されたアカウントからの通知がなくなるので、余計な通知を減らすことが可能だ。

【手順】

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

メニューを開き「設定とプライバシー」をタップする

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

「通知」をタップする

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

「詳細フィルター」をタップする

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!

通知を受け取りたくない種類のアカウントの、スイッチをタップしてオンにする

 通知をオフにすることで、必要な情報の通知まで見落とさないようにしたい。例えば、フォローされていないアカウントからの通知をオフにしているなら、自己紹介欄に「フォローしてからDMなど送ってください」と記入しておいて、注意を促すような工夫をしておくとよい。

文=

Twitter

Twitter

アマゾンで購入 楽天で購入

「Twitter」から届く通知がうっとうしい!のページです。オトナライフは、【SNSTwitterアプリスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。