「蒸れない快適リュック」背中の部分から風が出て不快ゼロ!

夏から秋にかけてはキャンプに野外フェス、スポーツ観戦などに出かける機会も多い。だが、リュックを背負った背中は汗で蒸れてビショビショ! そんな不快な状態を解決するために開発された「蒸れない快適リュック」なら、背中も快適だ!

リュックのファンから風が出て背中を冷やす!

「蒸れない快適リュック」背中の部分から風が出で不快ゼロ!

(Image:thanko.jp)

 夏の人気イベントではリュックを背負って参加する人も多いが、炎天下の待機列では背中が蒸れて不快になる。そんなときはサンコー「蒸れない快適リュック」がおすすめ。
「蒸れない快適リュック」は底面に内蔵されたクーリングファンから吸気。背面パッドから空気を吹き出して、通気性を高めたクール機構付きのリュックだ。搭載するファンはパワフルなシロッコ式で、背中のメッシュパッドからまんべんなく風が送り込まれるように工夫されている。これなら蒸し暑い夏でも背中に汗をかくことはないだろう。
 ただし、クーリングファンを使うにはリュック内に別売りバッテリー(4000mAh)を装着する必要がある。これにより、連続4時間もファンを駆動させることができるのだ。

「蒸れない快適リュック」背中の部分から風が出で不快ゼロ!

(Image:thanko.jp)

リュックの底面からクーリングファンで空気を吸い込み、背中のメッシュ部分から風が出る仕組み。これでもう背中に汗をかくことはない

腰を温めるヒーターで冬にも大活躍!

「蒸れない快適リュック」背中の部分から風が出で不快ゼロ!

(Image:thanko.jp)

別売り4000mAhのバッテリーを装着すると、クールファンを4時間、温めヒーターは3.2時間使用することができるほか、USBによるスマホの充電も可能となっている

 サンコー「蒸れない快適リュック」は、夏だけでなく冬にも使える。背面腰部分に暖房ヒーターを搭載しており、最大3.2時間(4000mAhバッテリー使用時)駆動する。これで腰をじんわり温めてくれるのだ。ちなみに、温度センサーが組み込まれており、ヒーターのオン・オフを自動制御してくれるので、快適な温度を保ってくれるのも便利だ。
 また、ショルダーベルトにはUSB出力ポートが用意されており、ここからの給電も可能。4000mAhバッテリーを利用すれば、スマホ2台分は余裕でチャージできる。もちろんクーリングファン・ヒーターとの同時使用もOKだ。モード切替ボタンはショルダー部分にあり、背負ったまま簡単に操作できる。

サンコーは→こちら

クールファン&ヒーター in「蒸れない快適リュック」

クールファン&ヒーター in「蒸れない快適リュック」

アマゾンで購入

「蒸れない快適リュック」背中の部分から風が出て不快ゼロ!のページです。オトナライフは、【デバイスビジネス便利快適】の最新ニュースをいち早くお届けします。