iPhone 8とXの後継機種が登場

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!

2018年9月13日、ついに新型iPhone XS/XS Max/XRが発表された。デュアルSIMにも対応する新型iPhoneはどんな特徴があるのだろうか? 価格はどうなる? ここでは、気になるiPhone最新モデルについて詳しく解説していこう。

最上位iPhone XS Max(512GB)は16万円越え!

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!

(Image: apple.com)

 毎年、この時期になると新型iPhoneの噂が広まるが、2018年9月13日、ようやく新型iPhoneの詳細が明らかになった。
 今回発表されたのは3モデル。まず、iPhone Xの後継機となるモデルがiPhone XSとiPhone XS Maxだ。外観はXとよく似ているが、XSのディスプレイは5.8型有機EL(2,436×1,125ピクセル・458ppi)、XS Maxは6.5型有機EL(2,688×1,242ピクセル・458ppi)となっている。
 両機種共通の機能として、カメラは1,200万画素のデュアルタイプを採用。CPUは「A12 Bionic」にバージョンアップされ、「A11 Bionic」より最大15%高速化、最大50%も低エネになっているという。また、防水機能はIP68防水に性能アップされ、ようやくiPhoneもDSDS(デュアルスタンバイ)のデュアルSIMに対応した。しかし、一方のSIMは本体内蔵のeSIMとなっており、使い勝手は微妙かもしれない。なお、Wi-Fiは最新規格11adへの対応は見送られ11acのままだが、通信方式は5Gを睨んだ「ギガビット級LTE」に対応している。
 上位モデルiPhone XSとiPhone XS Maxの予約は9月14日から。発売は9月21日となっている。

新型iPhone性能比較表一覧(iPhone XS)

新型iPhone性能比較表一覧(iPhone XS Max)

新型iPhone性能比較表一覧(iPhone XR)

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!

(Image: apple.com)

iPhone Xの後継機がiPhone XS(左)/iPhone XS Max(右)だ。外観はXとよく似ており、XSのディスプレイは5.8型有機EL、XS Maxは6.5型有機ELとなっている

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!

(Image: apple.com)

上位機種のXSとXS Maxは1,200万画素のデュアルカメラを採用。ひとつは広角用(f1.8)でもうひとつは望遠用(f2.4)となっており、高額2倍ズームに対応。いずれも光学式手ブレ補正を備える

iPhone 8の後継機XRはホームボタンが廃止!

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!

(Image: apple.com)

iPhone 8/8 Plusの後継機となるのがiPhone XR。ビビッドなカラーで6色も用意されているのが特徴だ

 iPhone 8の後継機となるiPhone XRの特徴を見てみよう。まず、外観ではiPhone 8まで採用していたホームボタンは廃止され、ノッチありの狭額縁デザインになって印象が大きく変わった。
 次に、カメラはデュアルタイプではなく1,200万画素のシングルタイプを採用。ディスプレイも有機ELではなくIPS液晶が採用されている。また、通信方式もギガビット級LTEには非対応だ。
 だが、CPUは上位モデルと同じA12 Bionicを採用。DSDSのデュアルSIMに対応しているほか、認証方式も指紋認証の「Touch ID」ではなく顔認証「Face ID」になっている。
 また、カラバリは若者に人気の出そうなビビッドなカラーが6種類も選べ、価格も8万4,800円からとリーズナブル。高価になりすぎたXSやXS Maxよりも、そこそこ実用的な性能を持つXRの方が人気が出るかもしれない

apple

・iPhone XS/iPhone XS Max→こちら

・iPhone XR→こちら

 

新型iPhone XS/XS Max/XRが発売に!のページです。オトナライフは、【デジタルiPhone XiPhone8スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。