コストコ(COSTCO)で使えるクレカはマスターカードのみ!

アメリカンな巨大倉庫スタイルで人気のあるコストコ(COSTCO)。そのコストコで使用できるクレカが、2018年2月より変更になったのをご存知だろうか? ここでは、コストコで使えるクレカの最新事情を紹介しよう。

マスターブランドならどこのクレカでもOK!

コストコ(COSTCO)で使えるクレカはマスターカードのみ!

 基本的にコストコでの支払いは現金だが、唯一、使えたクレカがアメリカン・エクスプレス・カード(アメックス)だった。しかし、2018年2月1日よりアメックスは使えなくなり、新たにマスターブランドのクレカであれば、どこのカードであっても支払いが可能となっている。もちろん、従来どおりVISAやJCBブランドのクレカは使えない。
 また、アメックスに代り、コストコが発行するグローバルカードが新たに用意されている。こちらはクレカの年会費が1,250円(税抜)かかるが、年1回以上利用すれば無料になる。コストコでの支払いに対しては1.5%、コストコ以外での使用でも1%もの高還元ポイント(リワード)が付くのがうれしい。もちろん、貯まったポイントはクレカにチャージされ、電子マネーのように1pt=1円としてコストコの支払いで使えるのだ。また、海外旅行保険(最大2,000万円)、国内旅行保険(最大1,000万円)、紛失・盗難補償が付帯されているほか、家族カードは1枚だけ無料で発行してもらえる。
 ちなみに、マスターブランドであれば、クレカ以外でもプリペイドカードも利用可能である。

コストコの年会費は自動引き落としされる!

コストコ(COSTCO)で使えるクレカはマスターカードのみ!

(Image:costco.co.jp)

 高還元ポイントがウリのコストコグローバルカードだが、いくつか気をつけたいことがある。まず、コストコの年会費4,400円(税抜)が無料になるわけではないこと。そして、勝手にコストコの年会費が自動引き落とし設定されてしまうことだ。近所にコストコがあって毎月のように行くという人なら何の問題もないが、年に1~2回しか行かない人にとって、コストコ会員の自動更新は余計なシステムだろう。
 また、支払いでもらえるポイント(リワード)にも注意が必要だ。ポイントはその都度付与されて使えるのではなく、毎年1月1日~12月31日の1年間で累積された分が、翌年2月にまとめてキャッシュバックされる仕組みになっている。そのため、2月以前に解約するとそれまで貯めたポイントは一切もらえないのだ。
 なお、コストコで使用できるカードは、法人用の「コストコビジネスカード」(年会費無料)も用意されている。

●コストコ公式は→こちら

●コストコグローバルカードの申込みは→こちら

 

コストコ(COSTCO)で使えるクレカはマスターカードのみ!のページです。オトナライフは、【マネークレカ得する買い物】の最新ニュースをいち早くお届けします。