【申請すればもらえるお金】自治体の住民補助制度を利用しないと損

ふだんあまり意識することのない居住地の市町村。実は「住んでいるだけ」で大きな特権が認められるのだ。
各地の地方公共団体では、住民が利用できるさまざまなサービスを提供している。
たとえば、出産祝い金や子供の医療費補助、引っ越し費用の援助など代表的だが、学習塾費用の補助やスズメバチの駆除、元暴力団員の雇用助成まで行っている自治体もある。各自治体のHPで確認してみよう。

各自治体の補助の一例

【申請すればもらえるお金】自治体の住民補助制度を利用しないと損

(Image:Shutterstock.com)

・東京都千代田区

乳幼児から高校生までの子どもに医療費助成制度がある。

・東京都北区

「子ども医療費助成制度」で高校生の入院医療費まで助成される。

・東京都中央区

出産支援としてタクシー利用券1万円分と誕生時に区内共通の買い物券3万円分が支給される。

・大阪府大阪市

中学生の塾や家庭教師、文化・スポーツ教室などの費用を月額1万円を上限に助成。

 

※各地域の自治体にご確認ください。

【申請すればもらえるお金】自治体の住民補助制度を利用しないと損のページです。オトナライフは、【マネーお金得する補助金】の最新ニュースをいち早くお届けします。