最大400万円まで投資ができる!

生前贈与を非課税にできる「ジュニアNISA」とは

2016年度から2023年まで「ジュニアNISA」という制度が始まっているが。証券口座の管理を親が行うことを条件に、年間80万円までの投資が非課税になる制度だ。NISAと同じように最長5年間を一つの期間として、400万円までの投資が可能になっている。親から子へ金銭を贈与する場合、1年あたり110万円までなら非課税になるので、この制度を活用して生前贈与を節税に繋げたい。

親が代理で口座を管理する

生前贈与を非課税にできる「ジュニアNISA」とは

(Image:Shutterstock.com)

ジュニアNISAのイメージは、生前贈与を非課税でできる制度で口座の管理を親が行うのがポイント。NISAと同じように1人1証券会社まで。利用できるのは0歳から19歳まで、子は18歳まで引き出しができない。

【ジュニアNISAの概要】金融庁は→こちら

 

生前贈与を非課税にできる「ジュニアNISA」とはのページです。オトナライフは、【マネーお金得する積立NISA資産運用】の最新ニュースをいち早くお届けします。