スムーズ撮影と動画ライブ配信がウリ!新型「GoPro HERO7 Black」は買いか?

最上位Blackは機能UPしているのに前機種より5,000円安!

新型「GoPro HERO7 Black」は買いか?

 アクションカメラの大本命「GoPro」の最新モデル「HERO7シリーズ」が、2018年9月27日に発売された。最上位機のBlack、ミドル機のSilver、入門機のWhiteの全3種類がラインアップされている。GoPro HERO7の外観はHERO6とほとんど同じだが、中身は大幅に進化しているようなのだ。
 まず、最上位モデルのBlackを見てみよう。Blackの基本性能は、写真が1,200万画素、動画は4K動画(60fps)が撮影できるほか、8倍スロー撮影にも対応する。バッテリーは従来のものを利用可能で脱着式なのがうれしい。
 Blackで注目したいのがジンバルレベルの電子式手ブレ機能「HyperSmooth」が採用されていること。GoProでは「Karma Grip」というジンバルを約4万円で販売しているが、GoPro HERO7 Blackでは、もはや「Karma Grip」さえ不要と思えるほど滑らかな動画撮影が可能になっている。次に注目したいのが動画のライブ配信機能。スマホのネットワーク機能を使ってGoPro HERO7 BlackだけでFacebook Liveに直接配信できるのだ。さらに、新しいエフェクトとして浮遊感のある「TimeWarpビデオ」などが追加されている。これだけの機能を盛り込んで、本体価格は前機種HERO6より約5,000円安い4万9,800円(税別)なのだから、お買い得であろう。

■GoPro HERO7シリーズ性能比較

低価格のSliverやWhiteも魅力的!

新型「GoPro HERO7 Black」は買いか?

 ミドルモデルのSilverは、写真が1,000万画素、動画は4K/30fpsまで対応するが、動画ライブ配信には非対応で電子式手ブレ防止機能は「HyperSmooth」ではなく、GoPro HERO5 Blackと同等の「Built-In Video Stabilization」となっている。また、バッテリーは内蔵式で交換はできない。とはいえ価格は3万7,800円とBlackよりは格安なので、動画ライブ配信機能などが不要なら十分な性能であろう。
 そして、入門機のWhiteは、写真が1,000万画素、動画は4K非対応でフルHDの1080p/60fpsまでとなっいるが、2万7,800円と低価格なのが魅力。とりあえず、アクションカメラがどういうものなのか知りたいというユーザーにはおすすめだ。
 このように、新型「HERO7シリーズ」は前機種より格安なのに、基本機能がアップされているのが魅力であろう。

GoPro GoPro HERO7

GoPro GoPro HERO7

アマゾンで購入