オトナライフ世界紀行

【ベトナム】ハロン湾「龍が舞い降りた伝説の海に浮かぶ村」

ベトナム北東部、中国との国境近くに広がるハロン湾。「ハロン」とは「龍が降り立つ」という意味で、かつて中国がベトナムに侵攻してきた際、龍の親子が天空から降り立って口から宝玉を吐き出して敵を破り、その吐き出した宝玉が海に突き刺さってハロン湾内の島々になったという言い伝えが残されています。
その言い伝え通り、およそ1500平方キロという広大な海に大小3000もの奇岩や島々が海面から突き出していて、まるで山水画のような、幻想的な景観が広がっています。
その絶景はベトナム随一の景勝地として知られているほか、1994年には世界遺産にも登録されました。

ハロン湾の成り立ち

【ベトナム】ハロン湾「龍が舞い降りた伝説の海に浮かぶ村」

このハロン湾の絶景は、石灰岩台地が氷河期に海に沈降し、その後長い時間をかけて海水や風雨に侵食されたことで生み出されたカルスト地形。
そして、じつはハロン湾のカルスト地形は、同じくカルスト地形で有名な中国の桂林(けいりん)から、ベトナムのニンビン、ラオスまで広がる広大なカルスト地形の一部であり、「海の桂林」とも呼ばれています。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【ベトナム】ハロン湾「龍が舞い降りた伝説の海に浮かぶ村」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル世界紀行旅行海外海外旅行観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。