同じ高さの高層マンション 15階より14階建てがよい理由

マンション投資をするのに内装は重要である。一般的な45m建築物の場合だと、販売戸数を確保するため、建築基準法をギリギリで満たせる15階建てになる場合が多い。天井部が低くなり、遮音性が悪くなってしまうので、同じ高さなら14階建てのマンションを選ぶようにしよう。経年後のリフォームやメンテナンスがしやすくなり、結果的に収益を生むことになるからだ。

同じ高さの高層マンション 15階より14階建てがよい理由

同じ高さだと14階建てのほうが天井までの高さが取れる。二重天井にしたり、天井部に配線スペースを確保したりでき、クオリティ高いマンションになっていることが多い。

同じ高さの高層マンション 15階より14階建てがよい理由のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフタワーマンション住宅便利得する】の最新ニュースをいち早くお届けします。