自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

家にいる間はWi-Fiをオンにして出かけるときはWi-Fiをオフにする、操作自体は単純だがつい忘れがちだ。「自宅でWi-Fi接続を忘れて莫大なデータ通信量を消費してしまった!」なんて経験が誰にでもあるのでは? そんなことにならないように、今回は自動的にWi-Fiをオン&オフしてくれるアプリを紹介しよう。

Wi-Fiをオンにするときの条件を設定しよう

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

(Image:Shutterstock.com)

スマホやタブレットを使うときに、少しでもデータ通信量を減らすのに欠かせないWi-Fi。Wi-Fiなら安心してデータ通信量の大きい動画サイトなども楽しめる。しかし、Wi-Fiのオン&オフを毎回自分で設定する必要があり、つい忘れてしまうこともある。もし、自宅でWi-Fiをオンにしないまま動画を見てしまい、その月のデータ通信量を全部使い切ってしまったなんてことにったら! 逆に外出しているときにWi-Fi設定をオンにしていると、接続先のWi-Fiスポットを探してしまうため、バッテリーの消費が激しくなる。そこで今回紹介したいのが「WiFi Automatic」だ。これなら、忘れがちなWi-Fiの接続設定を自動で行ってくれて楽チンだぞ!

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

まずは「デバイスのアンロック」、つまり端末のロックを解除したときにWi-Fiがオンになるということ

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

こちらはWi-Fiをオンにする時間を設定できる。毎日家に帰る時間が決まっているなら、時間を指定しよう

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

Wi-Fiをオンにする場所の指定もできる。指定した場所にくると自動的にWi-Fiがオンになるのは実用的だ

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

もちろん、Wi-Fiをオフにする設定もあり、オンのときと同じように設定できる

もう自分でWi-Fiの設定をする必要はなし!

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しよう

さまざまな条件でWi-Fiのオン&オフを設定できるこのアプリ。説明がすべて英語表記なのがやや難点だが、設定の操作自体は簡単だ。オンにしたいときに設定できる条件は「ロックを解除したとき」「毎日オンにしたい時間」「指定した場所に来たとき」など。自宅を出る時間、帰ってくる時間が決まっている人にはありがたい。また、スマホを使っていないときにはWi-Fiの接続をしたくないという人は、「ロックを解除したとき」で設定しておけばいいだろう。
もちろん、移動しているときなどWi-Fiを使わないときはバッテリーを持たせるためにオフにする設定も可能。ついついWi-Fiのオン&オフを忘れてしまうという人は、「WiFi Automatic」を是非活用してほしい。

WiFi Automatic

WiFi Automatic

楽天で購入

自動Wi-Fiアプリでスマホのデータ通信量を節約しようのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidWi-Fiアプリスマホネット回線便利】の最新ニュースをいち早くお届けします。