【お得】健康状態によって保険料を半額にできる「リスク細分型保険」

毎月の支払いが馬鹿にならない生命・医療保険料。受けられる保障が同じなら、少しでも保険料を安くしたいというのが人情というものだろう。そんな人におススメなのが「リスク細分型保険」なのだ。

死亡・病気のリスクが低い人を優遇する保険が◎

【お得】健康状態によって保険料を半額にできる「リスク細分型保険」

(Image:Shutterstock.com)

結婚している30代以上のサラリーマンなら万一のことを考えて、何かしらの生命・医療保険に入っていることだろう。しかし、現状、自分は適度な運動もしているしタバコも吸わず身体が健康だと思っている人なら、お得に入れる生命・医療保険があるのだ。それが「リスク細分型保険」である。
「リスク細分型保険」は、加入者の健康状態や生活習慣などによって掛け金が変わるのが特徴だ。健康体重に近く血圧やBMI値が正常で喫煙習慣がない人などは、料金が大きく下がるシステムとなっている。
もし、条件に合致するなら「リスク細分型保険」に入れば保険料の節約になるので、生命・医療保険の料金を見直してみよう。

生命・医療保険料は2倍以上の差がある!

【お得】健康状態によって保険料を半額にできる「リスク細分型保険」

健康な人は具体的にどの程度生命・医療保険料が変わるのだろうか? メットライフ生命の死亡保険「スーパー割引定期保険」の試算で比較してみよう。条件は保険金額3,000万円で、すべて20年掛け捨て、身長170cm、40歳の男性が加入するプランのトータル料金となっている。
たとえば、体重80kgで喫煙者の場合は331万9,200円だが、体重65kgで非喫煙者の場合は163万4,400円である。つまり、体重と喫煙の有無だけで最大約2倍もの料金差が出る結果になった。保険料で160万円以上も差が付くなら、変な話だがライザップで痩せてから保険に入っても元が取れるということになる。自分の身体の健康管理が保険料に直結する「リスク細分型保険」、検討してみる価値はありそうだ。

【メットライフ生命・スーパー割引定期保険の場合】

●体重80キロの喫煙者の場合
331万9,200円(月額1万3,830円×20年)

 

●体重65キロ喫煙者の場合
259万2,000円(月額1万800円×20年)

 

●体重80キロの非喫煙者の場合
233万2,800円(月額9,720円×20年)

 

●体重65キロ非喫煙者の場合
163万4,400円(月額6,810円×20年)

【お得】健康状態によって保険料を半額にできる「リスク細分型保険」

(Image:metlife.co.jp)

●メットライフ生命「スーパー割引定期保険」シミュレーション  公式は→こちら

【お得】健康状態によって保険料を半額にできる「リスク細分型保険」のページです。オトナライフは、【マネー保険健康得する】の最新ニュースをいち早くお届けします。