会議やプレゼンをもっと効率的に!大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

会社の大画面テレビがタッチディスプレイになれば、会議やプレゼンがもっとスムーズになるのに! そんな不満を簡単に解消してくれるのがアイ・オー・データ機器の外付け型タッチモジュール「てれたっち」だ。会社の大画面テレビでも、タッチ操作や書き込みが可能になるぞ!

大画面テレビを簡単に電子黒板化できる

大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

(Image:iodata.jp)

 会議やプレゼンでPCの画面を活用する場面が増えてきたが、小さな画面では一度に大勢が見ることはできないので、PCを会議室にある大画面テレビにHDMI端子などで接続している人は多いだろう。ただし、映し出しているのは単なる大画面テレビなので、重要なポイントをマーキングしたり、書き込むことなどはできない。そんな不満を解消するために開発されたのが、アイ・オー・データ機器の外付け型タッチモジュール「てれたっち」だ。これなら、専用ペンで画面に書き込んだりタッチ操作が可能になるため、会議やプレゼンがもっとスムーズになる!
「てれたっち」本体は大画面上部に取り付けるモジュールで、伸縮構造になっているので46型から80型まで対応できるのが◎。専用ペンの動きをセンサーで感知することで、画面に書き込んだりタッチ操作が可能になるのだ。このように「てれたっち」なら、10万円以下の投資で、会社の会議室にある大画面テレビを簡単に電子黒板化することができるのである。

大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

(Image:iodata.jp)

「てれたっち」本体はテレビの上に取り付ける。PCはUSBケーブルで接続すればいい

大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

(Image:iodata.jp)

「てれたっち」にはセンサーが取り付けられており、専用ペンの動きを感知。これによりタッチ操作や書き込みが可能となる

アダプタを使えばPC画面をワイヤレスで表示可能

大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

(Image:iodata.jp)

ネットワークグラフィックアダプター「NGA-RGB/H」は、 タブレットやノートPCの画面をWi-Fiネットワーク経由で表示できる機器

「てれたっち」をもっと使いやすくするのにおすすめしたいのが、同社のネットワークグラフィックアダプター「NGA-RGB/H」だ。これは、社内Wi-Fiを利用してノートPCやタブレットを接続し、「てれたっち」を装着した大画面テレビにワイヤレスで画像を映し出せるアダプタだ。たとえば、有線ケーブルで接続していると、発表者が替わる度にPCをケーブルでつなぎ直す必要があり、度々進行が中断するが、「NGA-RGB/H」を利用してワイヤレス接続すれば、ケーブルをつなぎ直す手間はいらず、シームレスに画面を切り替えることができるようになる。とくに、映像出力端子がないノートPCやタブレットなどを利用するときは、大いに活躍するだろう。
 できるビジネスマンなら、会社用に「てれたっち」とネットワークグラフィックアダプター「NGA-RGB/H」の導入を提案してみてはいかがだろうか?

大画面テレビが「てれたっち」装着でタッチディスプレイに早変わり!

(Image:iodata.jp)

大きい画像を表示

映像出力端子のないノートPCやタブレットでも、「てれたっち」を装着した大画面テレビに画像を映し出すことができるようになる

●メーカー アイ・オー・データ機器「てれたっち」 公式は→こちら

●メーカー アイ・オー・データ機器「NGA-RGB/H」 公式→こちら

 

I-O DATA ネットワークグラフィックアダプター

I-O DATA ネットワークグラフィックアダプター

アマゾンで購入
アイ・オー・データ機器 ディスプレイ用外付けタッチモジュール 白板ソフトプロ

アイ・オー・データ機器 ディスプレイ用外付けタッチモジュール 白板ソフトプロ

アマゾンで購入