オトナライフ世界紀行

【オーストリア】「ナチス・ドイツが建てた巨大なコンクリートの塔」

アウガルテンは、オーストリアの首都ウィーン北部、ドーナウ島レオポルトシュタット区の西北端に位置する、美しい公園。
しかしこの公園には、その美しく整備された景観とはあまりにも不釣り合いな、第二次世界大戦の遺構である巨大な高射砲塔が残されています。
「高射砲塔」とは、第二次世界大戦当時ナチス・ドイツの統治下に置かれていたオーストリアで、連合軍の空襲から戦略上重要な都市を防衛するために、ドイツ空軍が都市防衛設備として建設した鉄筋コンクリート製の高層防衛施設のことで、ウィーンのほか、ドイツのベルリンやハンブルクにも建設されました。
ウィーンには2基1組の高射砲塔が三角形を描くように6基配置されていたのですが、あまりにも頑丈な造りのため、戦後も解体されることなく放棄されたことから、今もなお廃墟として残されているんだとか。
高射砲塔の高さは30~40メートルにもなり、爆弾の直撃にも耐えられるよう、外壁は2.5~5メートルもの厚さがあるといいます。

【オーストリア】「ナチス・ドイツが建てた巨大なコンクリートの塔」

 のどかなアウガルテン公園に突然現れる、不釣り合いな高射砲塔「G塔」。高射砲塔は、高射砲の設置された「G塔」と呼ばれる砲戦塔と、レーダーや高射指揮装置を備え、それらが発砲による衝撃波の干渉を避けるよう数百メートル離した位置の「L塔」と呼ばれる指揮塔で構成され、2つの塔は通信線用トンネルで連結されていた。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【オーストリア】「ナチス・ドイツが建てた巨大なコンクリートの塔」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル世界紀行旅行海外海外旅行観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。