オトナライフ世界紀行【日本】軍艦島「世界七大禁断の地にも選ばれた、朽ち果てた無人島」

長崎県長崎市、長崎港の南西約20キロほどの海上に浮かぶ「端島(はしま)」。通称「軍艦島」として知られるこの島は、狭い土地に林立するコンクリートの住居群と護岸壁が、日本海軍の戦艦「土佐」に似ていることからそう呼ばれるようになりました。

かつて日本の近代化を支えた島

【日本】軍艦島「世界七大禁断の地にも選ばれた、朽ち果てた無人島」

 この軍艦島は明治~昭和期にかけて海底炭鉱によって栄え、日本の近代化を支える重要な炭鉱のひとつとなっていました。
 1916年には、日本で最初となる鉄筋コンクリート製の集合住宅「30号棟」が建てられ、島内の人口はふくれ上がることになります。最盛期には5000人を超える人が住み、その人口密度は東京を超えて世界一を誇っていたといいます。
 しかしその後、1960年以降は主要エネルギーが石炭から石油へと移行したことにより徐々に衰退し、1974年に閉山。これに伴って島民が軍艦島を離れてからは、建物などもそのまま放置され、無人島となっています。
 2012年、アメリカのニュース放送局CNNが発表した「世界七大禁断の地(7 of the freakiest places on the planet)」のひとつとして、富士の青木ヶ原樹海とともに選出されて大きな話題を呼びましたが、2015年には軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として、世界遺産に登録。
 今では世界各地から廃墟マニアや観光客が訪れる、日本を代表する観光地のひとつとして人気となっています。

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。