世界最薄・最軽量の47gのケータイ!ドコモのクレカサイズ携帯「カードケータイ KY-01L」は買いか?

ドコモからクレカサイズの世界最薄・最軽量の「カードケータイ KY-01L」が11月下旬に発売される。最近はSNS疲れから、わざと2台目にガラケーを持つ人も多いというが、果たしてどんな携帯電話なのだろう。ここでは、さっそく「カードケータイ KY-01L」をレポートしよう。

「KY-01L」はドコモから11月下旬に発売予定!

ドコモのクレカサイズ携帯「カードケータイ KY-01L」は買いか?

(Image:nttdocomo.co.jp)

 スマホの普及でガラケーは次々と生産終了されているのに、なぜか最近話題を集めているのは、通話がメインの小型ケータイばかり。実は、最近スマホのSNS疲れから、あえて2台目にガラケーを所有し、SNSを止める人も多いのだという。そんな事情からか、ドコモが2018年11月下旬に発売する「カードケータイ KY-01L」は、ディスプレイに2.8型電子ペーパー「E-Ink」(480×600ドット)を採用した、通話メインの世界最薄・最軽量のケータイだ。バッテリー容量はたった380mAhだが、とにかくディスプレイが省電力なので、連続待受時間は約100時間、連続通話時間は3G接続時で約160分となっている。
「カードケータイ KY-01L」の本体サイズは約55×91×5.3mmで重量は約47g。まさに名刺やクレカと同程度の大きさで、世界最薄・最軽量だという。またOSは独自のものでVoLTE対応。SMS、ブラウジング、Wi-Fiテザリングは可能だが、カメラやおサイフ機能はなし、ドコモのキャリアメールにも非対応となっている。

ワンナンバーサービスには非対応なのが残念

ドコモのクレカサイズ携帯「カードケータイ KY-01L」は買いか?

(Image:nttdocomo.co.jp)

世界最薄・最軽量の京セラ「カードケータイ KY-01L」は約55×91×5.3mmで重量はたった約47g。名刺やクレカと同程度の大きさだ

「カードケータイ KY-01L」で利用できる機能は、通話、SMS、Wi-Fiテザリング以外にカレンダー、時計、電卓、ブラウザ、メモ帳など。もちろん、独自OSなのでGoogle Playは利用できず、アプリをあとから追加することは不可能。また、microSDスロットがないため、データを移行することもできない。ただし、Bluetooth 4.2対応なので、アドレス帳などは転送できるようだ。
 気になる月額利用料は「シンプルプラン(ケータイ)+spモード+ケータイパック」で月額1,706円から、2台持ちならシェアオプション利用で月額1,922円から利用できる。「カードケータイ KY-01L」はあくまでもスマホとは別の電話番号を持つためのもの。先日発表された「ワンナンバーフォン」のように、スマホと同一電話番号を共用できるワンナンバーサービス(月額500円)は利用できない。ちなみに、本体一括販売価格は3万1,752円で、2年継続契約時の実質価格は1万368円となっている。

●ドコモ 公式は→こちら