どこが変わった新型iPad Pro新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

2018年10月30日に発表された新型iPad Pro。外観上ではホームボタンが消えFace IDを採用、LightningコネクタはUSB Type-Cに変更されているのが目を引くが、果たして買いなのか? 今回は新型iPad Proの詳細を報告しよう。

ホームボタン廃止と狭額縁化でスッキリした印象

新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

(Image:apple.com)

右が12.9インチ、左が11インチモデル。狭額縁化で、11インチモデルは旧10.5型モデルと同じサイズ。12.9インチモデルは旧モデルより小型化されている

 待望の新型iPad Proが2018年10月30日に発表され、いよいよ11月7日から販売が開始される。今回発表された新型iPad Proは11インチと12.9インチの2モデルで、11インチWi-Fiモデルは64GBが8万9800円から、12.9インチWi-Fiモデルは64GBが11万1800円からとなっている。
 外観上でまず気になるのがiPhone X同様ホームボタンが消え、認証にはFace IDが採用されてたこと。また、Apple独自のLightningコネクタが汎用性の高いUSB Type-Cに変更されている点だ。さらに、11インチモデルは旧10.5型モデルと同じサイズ。12.9インチモデルは旧モデルより小型化されている。角も旧モデルより若干丸くなっており、全体的にスッキリした印象になっている。
 内部での変化はCPUがA12X Bionicとなり高速化されているほか、液晶はRetinaディスプレイからLiquid Retinaに変更されているが、これはOLED(有機EL)ではなく液晶になったことを示す。解像度に関しては12.9インチモデルは変換なしだが、11インチモデルは10.5インチから大型化されたため264ppiのままだが、解像度は2388×1668ドットに変更されされている。

 

【新型iPad Proの主な変更点】
・ホームボタン廃止(Touch ID)→Face ID採用
・Lightningコネクタ→USB Type-C
・「Retina」(OLED・有機EL)→Liquid Retina(液晶)
・解像度10.5インチ2224×1668(264ppi)→11インチ2388×1668(264ppi)
・CPU「A10X Fusion」→「A12X Bionic」
・Bluetooth 4.2→Bluetooth 5.0
・重量10.5インチ469g/477g→11インチ468g/468g
・重量12.9インチ677g/692g→631g/633g
・サイズ:10インチ:250.6×174.1×6.1mm→11インチ:247.6×178.5×5.9mm
・サイズ12.9インチ:305.7×220.3×6.9mm→280.6×214.9×5.9mm

新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

(Image:apple.com)

iPhone X同様、Face IDによる認証が導入され、本体からはホームボタンが消えたのが外観上の大きな特徴となっている

新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

(Image:apple.com)

Apple独自のLightningコネクタは、ついに汎用性の高いUSB Type-Cに変更された。これにより、ほかのデバイスに給電したり、5Kディスプレイへの映像出力も可能になる

新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

(Image:apple.com)

新型iPadProではSmart Keyboard Folioを利用してPCのように使用できるほか、第2世代Apple Pencilを利用可能。Apple Pencilをマグネットで本体にくっつけられ、その状態で充電やペアリングも可能に

12.9インチのセルラーモデル(1TB)は21万円超!

新型iPad Pro ホームボタンが消えFace IDを採用 果たして買いなのか?

 新型iPadでは旧モデル同様に、Smart Keyboard Folioを利用してPCのように使用できるほか、第2世代Apple Pencilも利用可能だ。大画面のiPad Proではイラストを描いたり写真のレタッチなどをする目的で購入する人が多いので、Apple Pencilを使うのは当たり前になっているが、マグネットで新型iPad Pro本体にくっつけられるようになっており、その状態で充電やペアリングも可能だという。ちなみに、この第2世代Apple Pencilは、持ったままペンの側面をダブルタップするだけでツールの切り替えもできるのが便利だ。
 また、バッテリー駆動時間は旧型と変わらず、Wi-Fi接続時で約10時間、セルラー接続時は約9時間となっている。
 このように魅力的な新型iPad Proだが、ネックになるのはやはり値段。確かに11インチWi-Fiモデルは64GBで8万9800円から購入できるが、やはり最低256GBは欲しい。しかも、Apple PencilやSmart Keyboard Folioも追加するとなると、16万円程度は覚悟しないといけないのが厳しい。ちなみに12.9インチのWi-Fi+Cellularモデル(1TB)は21万円超だ。

●Apple 公式は→こちら