キャリアのローミングに比べると格安【クラウドSIM】海外旅行や出張など世界中で使える「jetfon」が超便利!

海外で困るのがスマホでのデータ通信だ。現地のプリペイドSIMカードが上手く使えなかったり、ローミングのトラブルに頭を悩ませた人も多いだろう。だが、世界中で使える「クラウドSIM」があればそんな心配はいらなくなるのである!

SIMをクラウド化するという新発想!

【クラウドSIM】海外旅行や出張など世界中で使える「jetfon」が超便利!

(Image:shop.mayass.com)

 世界中を飛び回るビジネスマンや海外旅行者にとって、やや面倒なのがスマホのデータ通信だ。現地のプリペイドSIMカードやレンタルWi-Fi、スマホのローミングなどの設定がうなくいかないと、仕事上の連絡などに支障をきたす場合もある。だが、「jetfon(ジェットフォン)」があれば、そんな悩みからは解放されるのだ。
「jetfon」とは、これまでとはまったく異なる発想のグローバル・データ通信サービス。日本国内はもちろん、海外100カ国以上の地域ですぐに使える「クラウドSIM」技術を採用しているのだ。「クラウドSIM」とは、国境を越えてもこれまでのようにSIMカードを抜き差しするのではなく、本体のSIMチップのデータをクラウドサーバーで書き換えるシステム。各国のSIMデータをWi-Fi経由でダウンロードし、データ通信ができるようになる。つまり、国ごとにSIMカードを入れ替えたりする必要はないのだ。ただし、jetfonで通話することはできないので、どうしても通話したい場合は、IP電話などを用意することになる点は要注意。

普段はドコモ回線などの格安SIMを利用できる

【クラウドSIM】海外旅行や出張など世界中で使える「jetfon」が超便利!

(Image:jetfon.jp)

「jetfon G1701」は本体にクラウドSIM機能を内蔵しており、海外に行けばクラウドから現地のSIMカードデータをダウンロードしてデータ通信ができるようになっている。つまりSIMカードを自分で差し替えたりする必要はない

「jetfon」の基本料金は0円で、実際に海外で使った分だけ料金を支払うシステム。プランは1日/300MB、7日/1GB、30日/3GBの3パターンがあり、価格は国や地域によって異なっている。たとえば1日300MBプランの場合、アジアでは380円、欧州やアメリカ・カナダ、オセアニア地域は580円などとなっており、キャリアのローミングに比べるとかなり格安で利用できる。ただし、このサービスを利用するには専用のスマホ「jetfon G1701」を購入する必要があり、価格は3万9800円(税別)だ。性能的には最近の一般的なスマホと変わらず、価格に見合ったものであろう。
 ちなみに、日本にいるときは30日/3GBまで月額1,880円で利用できるが、格安SIMに比べるとかなり割高だ。しかし、「jetfon G1701」はnanoSIMスロットを2つ備えているので、通常は日本のドコモやソフトバンク回線の格安SIMを利用できるのがうれしい(auのVoLTEはアップデートで対応予定)。なお、「jetfon G1701」は公式サイト以外にビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機など大手家電量販店でも購入できる。

●MAYA SYSTEM 公式は→こちら

●MAYA SYSTEM公式オンラインショップは→こちら