オトナライフ世界紀行【チェコ】プラハ城「百塔の街を象徴する、世界最大のお城のひとつ」

チェコの首都であるプラハは、尖塔が多くあることから「百塔のプラハ」とも称される美しい街です。
そんなプラハの旧市街に建つプラハ城は、かつてボヘミア国王や神聖ローマ帝国皇帝の居城となったお城。世界で最も大きい城のひとつでもあり、1992年には「プラハ歴史地区」の一部として、世界遺産に登録されました。

「百塔の街」

【チェコ】プラハ城「百塔の街を象徴する、世界最大のお城のひとつ」

オレンジ色の屋根や色とりどりの外壁が美しい、プラハの街並み。その街を見下ろすようにして、プラハ城が建っている

「黄金の都」や「千年の都」と称されるチェコの首都、プラハ。1346年、ボヘミア王カレル1世が神聖ローマ帝国の皇帝に選ばれてカール4世となると、プラハは神聖ローマ帝国の首都として栄えました。
 そんなプラハには、今もなお歴史的建造物が立ち並び、中世から時の流れが止まったような古くからの街並みがよく保存されています。
 なかでも世界遺産に登録されている旧市街は、11~18世紀にかけて建てられた建物が多く残り、多くの尖塔があることから、「百塔の街」とも呼ばれています。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。