これ以上高音質・高画質は必要なのかテレビの4K/8K放送って何なの? どこがいいの? どうすればいいの?

現行ハイビジョンの約16倍も高画質!

テレビの4K/8K放送って何なの? どこがいいの? どうすればいいの?

4Kは現行ハイビジョンの約4倍、8Kは約16倍も解像度が高い。スマホのカメラの画素数が1,000万画素前後であることを考えれば、いかに高画質であるか想像できるだろう

 2018年12月1日より、BS/110°CS放送などでいよいよ4K/8K放送が始まる。そもそも、現行のハイビジョン放送は1,920×1,080ドットの「フルHD」で約207万画素。一般的に「2K」とも呼ばれているが、これは「1000=K(キロ)」であることから、1,920=約2,000なので2Kという表現になっている。
 これが「4K」では3,840×2,160ドットで約829万画素とフルHDの約4倍も高画質になる。さらに「8K」では7,680×4,320ドットで約3,300万画素となり、フルHDの約16倍も高画質になるのだ。もし、同じ面積の60型テレビなら解像度が高い方が、より高精細になることは理解していただけるだろう。
 また、音声も現行は5.1chサラウンドだが、8Kでは22.2chマルチチャンネルとなる。つまり、映像も音も現行のハイビジョンの数倍も高品質になるというわけだ。

4K/8K対応チューナーは別途必要になる

テレビの4K/8K放送って何なの? どこがいいの? どうすればいいの?

(Image:Shutterstock.com)

 それでは、今のテレビで4K/8K放送は視聴できるだろうか?
 まず、現在のハイビジョン対応のテレビは2Kまでしか対応しないので、当然4K/8K画質では表示できない。もちろん、4K/8K対応チューナーも搭載されていないので受信できないのだ。同様に、数年前から4K対応テレビが販売されているが、チューナーが搭載されていない機種では受信できない。別途4K/8K対応チューナーを追加しよう。もし、今からテレビを購入するなら、必ず4K/8Kチューナーが内蔵されている機種にしておくべきだ。
 なお、BS/110°CS用のアンテナについては、現行のBS/110°CS放送が受信できるなら基本的にそのまま利用できる。ただし、4K/8K放送の電波では従来の右旋だけでなく、左旋も使われるので、右旋しか受信できないタイプは、交換が必要になる場合もあるほか、ブースターや分配器が3224MHzに非対応な場合も交換が必要になることがあるので注意したい。