長距離乗車なら途中下車して楽しもう!【裏技】鉄道で乗車券は距離101キロを超えると途中下車OKって知ってた!? 

乗車券は101キロを超えると途中下車OK!

【裏技】鉄道で乗車券は距離101キロを超えると途中下車OKって知ってた!? 

 鉄道を使って長距離旅行するときは、乗車券を1枚にまとめると得するのをご存知だろうか? そのカラクリは、鉄道の乗車券は乗車距離が101キロを超えた場合、何度も途中下車可能になる点にある。たとえば、新幹線で名古屋に立ち寄り1泊して新大阪に行くとき、東京→名古屋、名古屋→新大阪の乗車券を2枚に分けて購入すると乗車券代金は9,610円になるが、東京-新大阪の乗車券1枚にすると8,750円となり、860円ほど安くなるのである。しかも、この乗車券は2日間有効で途中下車可能なので、名古屋で1泊してから、翌日新大阪に向かうことができるのだ。
 ちなみに、鉄道の乗車券は距離が長いほど1キロあたりの単価が安くなっていく。たとえば、JR東日本では300キロ以下では1キロあたり16円20銭だが、300~600キロでは1キロあたり12円85銭、600キロ以上では1キロあたり7円05銭と安くなっていくのである。

北陸&中部地方を周遊する応用技も!

【裏技】鉄道で乗車券は距離101キロを超えると途中下車OKって知ってた!? 

 乗車券を1枚にして料金を安くする裏技を使った応用編を紹介しよう。たとえば、東京から金沢まで行く場合で考えてみる。まず、新幹線で金沢まで往復すると乗車券は1万4,680円だが、乗車券を1枚で完結させるには、復路は別ルートを使うことになる。そこで、復路は金沢から福井→米原→東京というルートにしてみよう。この乗車券は1万2,960円なので、新幹線で同一区間を往復するより2,000円ほど安くなるのだ。これなら軽井沢、長野、宇奈月温泉、金沢、福井、名古屋など、多くの駅で途中下車ができる。しかも、この乗車券は1週間有効なので、途中下車した駅で何度か宿泊してもOKだ。
 このような方法は「大宮-新青森-新潟-大宮」ルートや「東京-名古屋-紀伊勝浦-和歌山-新大阪-京都-米原-福井-金沢-東京」ルート、九州では「博多-熊本-鹿児島-大分-宮崎-博多」ルートなどがある。自分だけのルートで鉄道の旅を楽しんでみよう。