ロボアドバイザーの自動投資が特徴Tポイントで株式投資が可能に! 貯まったポイントだから気楽に運用できる

すでにポイントによる投資は楽天スーパーポイントやdポイントでも行われているが、2019年春から、ようやくTポイントでも株式投資ができるようになった。これなら、投資に臆病だった人でも気楽に投資ができるかも!?

貯めたTポイントを株式投資で増やせ!

Tポイントで株式投資が可能に! 貯まったポイントだから気楽に運用できる

(Image:site1.sbisec.co.jp)

 株式や投資信託など、元本保証のない投資に抵抗感が強い日本人でも、もし、「仮想通貨のポイントで投資できる」と聞けば、多少は興味が沸くのではないだろうか? 実は、ポイントで行える投資サービスは、すでに楽天証券の「楽天スーパーポイント」、ドコモの「dポイント」、クレディセゾンの「永久不滅ポイント」などで実現されており、密かなブームになっている。
 そんな中、2018年10月30日、ネット証券の大手「SBI証券」とTポイントを運営する「CCCマーケティング」が資本提携し、新たな証券会社「SBIネオモバイル証券」を立ち上げると発表した。これにより2019年春からは、Tポイントによる投資が可能になるのだ。

WealthNavi「ロボアドバイザー」も利用可能!

Tポイントで株式投資が可能に! 貯まったポイントだから気楽に運用できる

(Image:site1.sbisec.co.jp)

大きい画像を表示

 2019年春から業務を開始する「SBIネオモバイル証券」は、取引に応じたTポイントの付与、Tポイントを使った金融商品の購入「Tポイント投資」、スマホだけで完結する取引環境、格安な手数料料金などのサービスを提供すると発表している。
 実際にTポイントでできる投資は「国内株式」とWealthNaviの「ロボアドバイザー」のようだ。とくにWealthNaviの「ロボアドバイザー」は、すでにオトナライフでも紹介したとおり、海外ETFを中心にロボットが自動的に投資してくれるのが特徴。すべてお任せなので、まさに初心者向きの積立投資である。投資するのはあくまでもTポイントなので、万一、投資に失敗してもいきなり現金を失うよりは、多少心理的ダメージが少ないかもしれない。

 

■SBIネオモバイル証券の主なサービス内容
①取引に応じてTポイントが『貯まる・使える』
②スマートフォンだけで完結するシンプルな取引環境
③若年層でも始めやすい格安な手数料体系
④Tカードの購買データを活用した独自の投資情報

●SBI証券 公式は→こちら