オトナライフ世界紀行【フランス】「美女と野獣」や「ハウルの動く城」の舞台になった街

フランス最東端に位置するアルザス地方。スイスとドイツに接し、複雑な歴史を歩んできた背景から、さまざまな文化が混在する地域となりました。
なかでもコルマールは、ドイツ風のカラフルな木骨組みの家々が立ち並ぶ運河の街であり、そのメルヘンチックな街並みは、ディズニー映画「美女と野獣」やジブリ映画「ハウルの動く城」の舞台になったともいわれています。

フランスとドイツが混在する街「コルマール」

【フランス】「美女と野獣」や「ハウルの動く城」の舞台になった街

 コルマールが初めて文献に登場するのは823年、当時は「鳩(ハト)小屋」を意味するラテン語「コルンバリウム(Columbarium)」と呼ばれていました。
 その後、13世紀には現在のドイツを中心とする神聖ローマ帝国の支配下となり、街に城壁が築かれると、1226年に帝国自由都市の資格が与えられ、自由都市として繁栄します。
 そして17世紀後半、アルザス地方がドイツ圏からフランス王国に割譲されたことにより、ドイツ文化圏のコルマールはフランス領アルザスの都市となりました。
 しかし、1870年にフランスとドイツ・プロイセン王国の間で起こった普仏戦争で、フランスがプロイセンに敗北したことにより、コルマールは1871年にふたたびドイツ領に。
 さらにその後、1918年にフランスがふたたびコルマールを自国領に編入したり、第二次世界大戦中の1941年にフランスがドイツに降伏したことでドイツ領になったり、ドイツの敗戦によってまたフランス領になったりと、2つの国の間で翻弄されるのです。
 その結果、コルマールの街にはフランスとドイツ、2つの文化や建築が混在した、独特の街並みが築かれることとなったのです。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。