共有施設に本格的な映画館を採用!映画館付アパートメント(賃貸住宅)が登場! 賃料は5万円台から!

キッチンやリビングなどを共有し、住人同士が活発に交流できる「ソーシャルアパートメント」が流行っているという。そのなかでも、2018年10月にオープンした「FILMS和光」に注目! なんと本格的な映画館が共有スペースになっているというのだ。

仲間と楽しむことができる共用映画館付!

映画館付アパートメント(賃貸住宅)が登場! 賃料は5万円台から!

(Image:social-apartment.com)

 シェアハウスと似たような概念のソーシャルアパートメント。その違いは共用部分が業者によってしっかりと管理されているという点だ。大型テレビがあったり、カフェが併設されていたり、ビリヤード台が設置されていたり……。そんなホテルや大型高級マンションのような住宅でありながら、一般的なアパートとさほど変わらない値段で住むことができるのがうれしい。
 今回紹介するのは、2018年10月にオープンしたばかりの埼玉県和光市にある「FILMS和光」。なんとソーシャルアパートメントでは初となる本格的な映画館を設置。40㎡以上でスクリーンは150型、シートは実際の映画館でも使用されているものを20席配置している。自身が持つポータブル機器をつなげれば大迫力の映像が鑑賞できるので、映画だけではなくスポーツ観戦やライブ映像などを住人同士で楽しむことができるのだ。

映画館付アパートメント(賃貸住宅)が登場! 賃料は5万円台から!

(Image:social-apartment.com)

映画館は物件のコンセプトにもなっており、設備はかなり充実している。席のアーム部分にはドリンクホルダーまでついており、まさに本物の映画館だ!

これだけの設備があって賃料は5万円台から!

映画館付アパートメント(賃貸住宅)が登場! 賃料は5万円台から!

(Image:social-apartment.com)

共用ラウンジにも、映画館のチケットカウンターを思わせるカウンターキッチンが付いている。その横には、シアタールームで上映する映画のスケジュールが書かれたボードも!

 ここまで見て「FILMS和光」が、素晴らしいソーシャルアパートメントなのはわかったが、気になるのはやはり賃料だ。「FILMS和光」は鉄筋コンクリートの5階建てで全123世帯。個室の広さにもよるが賃料は月額5万5,000円~7万1,000円(2年プラン適用時)とリーズナブル。ちなみに光熱費は固定の1万800円となっており、管理費が別途8,000円かかる。ざっと計算すると月額7万3,800円から住むことができるのだ。光熱費が含まれていることを考えると、通常のアパートを借りるのとさして変わらないか、むしろ安くつくかもしれない。
 数世帯が住むシェアハウスは、人間関係が狭く深くなりすぎて煩わしいこともあるが、123世帯もある大型のソーシャルアパートメントであれば、世帯数が多い分、交流は広く浅くトラブルも起きにくいという。他人との交流関係を広めたいけど程よい距離感で、と考える人には有力な選択肢のひとつになるだろう。