これからは「DSDV」時代へ【SIMフリースマホ】2つのSIMでVoLTEの待ち受けができるスマホが登場!

最近のSIMフリースマホは、2つのSIMカードで同時待ち受けができる「DSDS」が当たり前になってきた。だが、今回紹介するのは高音質な「VoLTE」で2回線同時待ち受けができる「DSDV」に対応したテスプロ「Mayumi U1」。これで、海外でもクリアな音声通話が可能になるぞ!

2つの回線を同時に待ち受けできるDSDVとは?

【SIMフリースマホ】2つのSIMでVoLTEの待ち受けができるスマホが登場!

(Image:makuake.com)

 海に囲まれた日本と違い、陸伝いに外国と接する国では頻繁に外国に出入りすることも多い。そこで、HuaweiやASUSといった海外のSIMフリースマホは、2つのSIMカードスロットを備えており、同時に2回線の待ち受けができる「DSDS(Dual Sim Dual Standby)」に対応するのが当たり前になってきた。これなら、海外旅行に行っても自国のSIMカードと海外のSIMカードを入れ替えずに同時利用したり、どちらか片方だけを有効にすることもできる、しかし、現状の「DSDS」は基本的に3G回線での待ち受けになり、高音質の4G VoLTE回線では待ち受けできなかった。
「4G VoLTE(Voice over LTE/ボルテ)」とは、従来の3G回線と違い高速な4GLTE回線で高音質な音声通話ができるサービスのこと。そこで、ついに「DSDV(Dual Sim Dual VoLTE)」に対応するテスプロ「Mayumi U1」が登場したのである。テスプロ「Mayumi U1」は、2枚のSIMカードで同時に4G VoLTE回線をスタンバイできるので、よりクリアな音声で通話できるようになるのだ。

【SIMフリースマホ】2つのSIMでVoLTEの待ち受けができるスマホが登場!

(Image:makuake.com)

DSDVは「Dual Sim Dual VoLTE」の略。スマホに2つのSIMカードスロットがあり、2枚同時に4G VoLTE回線でスタンバイできる機能のこと

DSDV対応SIMフリースマホ「Mayumi U1」は約3万円!

 テスプロ「Mayumi U1」は、2つのSIMスロットがVoLTEのスタンバイに対応する「DSDV」対応のSIMフリースマホ。ディスプレイは5.9インチと大画面で解像度は1520×720ドット。メインカメラはデュアルで画素数は1200万画素+500万画素、サブカメラも1600万画素と高画質だ。CPUはオクタコア、メモリは4GB、ストレージは64GBと申し分ない性能。バッテリーも3250mAhと大容量のものが採用されている。
 テスプロ「Mayumi U1」は2018年9月20日からクラウドファンディング「Makuake」に登場し、目標額の9倍以上の資金を集めた。支援者は最大25%オフで購入することができたが、10月30日でプロジェクトは終了。11月から「Amazon」や「越境ECさくらモール」で販売されている。もし、海外出張が多いビジネスマンなら注目しておきたいスマホだろう。

【公式】 【国内正規品】SIMロックフリースマホ Mayumi U1

【公式】 【国内正規品】SIMロックフリースマホ Mayumi U1

アマゾンで購入