オトナライフ世界紀行【メキシコ】豪華絢爛な輝きを放つ、天使の町のサント・ドミンゴ教会

メキシコの首都であるメキシコシティとメキシコ湾を結ぶ交通の要衝にあり、標高2100メートルの高地に位置するプエブラは、1531年にスペインの宣教師によって築かれた町。
かつて宣教師の夢に天使が現れ、この地に町を造るよう告げたという伝説から、「天使の町」との異名を持つことで知られています。
既存の先住民都市を基盤とせず、スペイン人の都市として設立されたプエブラには、16世紀頃に建造されたスペイン植民地時代のコロニアル建築とキリスト今日文化が色濃く残っており、1987年に「プエブラ歴史地区」として、世界遺産に登録されました。

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。