コーヒーの等級は味の差じゃない!?【裏技】安いコーヒー豆をグッと美味しくする方法

ちょっとした手間で豆本来の味を引き出す

【裏技】安いコーヒー豆をグッと美味しくする方法

(Image:Shutterstock.com)

 コーヒー豆は産地によって等級分けされていることをご存じだろうか? 当然、「等級が高い豆のほうが美味しいに決まっている」というイメージがあるかもしれないが、本当にそうなのか?
 実は等級を決める条件には、豆の大きさや収穫された高度などの差以外に、中に含まれる「欠点豆」の量が大きく影響している。この「欠点豆」というのは、欠けたり潰れているものをはじめ、正常に結実しなかった「死に豆」や粒のそろっていない「未成熟豆」、穴の開いた「虫食い豆」などのこと。これがどのぐらいあるかが重要になってくるのだ。
 つまりグレードが最高級の豆でも、ブレンドされていれば産地はそれほど大きく変わらず、しかも、必ず「欠点豆」は含まれている。逆にいえば、自分の手でこれら「欠点豆」を取り除けば、安い豆でも等級を上げることができるというわけなのだ。

コーヒー豆を選り分けるポイントとは?

【裏技】安いコーヒー豆をグッと美味しくする方法

(Image:Shutterstock.com)

実際のところ、コーヒー豆は炒ってみないと本当に美味しいかどうかわからないという。結局は含まれる「欠点豆」の量が、等級の差なのだ。

 ほかにも欠点豆としては、熟成の進み過ぎた「黒豆」、残ってしまった皮が焦げたり炒りムラを起こす「パーチメント」や「貝殻豆」、乾燥不良などで果肉がそのままになった「コッコ」「カビ豆」などがある。中には大きさの似た小石が混じっていることも……。
 選別のポイントは、まず生豆の状態でのチェック。色や形のおかしいものは、ここで見分けることができる。とくに「黒豆」「コッコ」「カビ豆」は臭いを損ねるので必ず取り除きたい。続いて、炒っている最中に煙が出たり火が付いた豆も要注意。「パーチメント」や「貝殻豆」の可能性が高く、えぐみや、渋みの原因になりやすいからだ。
 今後コーヒーを炒れる時は、産地や等級よりも豆そのものを吟味してみてはいかがだろうか?