オトナライフ世界紀行【モンテネグロ】「コトル」世界一美しい湾の奥深くに築かれた要塞都市

アドリア海を挟んでイタリアと向かい合う国、モンテネグロ。その南西部にはアドリア海が陸地に入り込み、フィヨルドのように複雑な入り江を形成しているコトル湾があり、その風光明媚な景観から、「世界一美しい湾」とも称されています。
そんなコトル湾の最奥に位置するコトルは、起源を紀元前に持つという歴史ある街で、中世にはヴェネツィア共和国領として繁栄しました。
こうした景観の美しさや歴史から、1979年には「コトルの自然と文化歴史地域」として世界遺産に登録されました。

岩山と城塞に守られた街「コトル」の歴史

【モンテネグロ】「コトル」世界一美しい湾の奥深くに築かれた要塞都市

 周囲を総延長4.5キロにおよぶ、ヴェネツィア領時代の城壁に囲まれたコトルの街には、石畳の路地に沿って12~14世紀頃に建てられた中世の建造物が立ち並び、穏やかなコトル湾の景色とともに美しい街並みを織り成しています。
 また、コトルはカトリック教会と正教会の文化圏が重なる場所に位置していることから、街に双方の教会が混在しているのも大きな特徴となっています。
 4世紀にわたってヴェネツィア領として繁栄したコトル。途中、トルコやオーストリア、イタリア、フランス、ロシアなど、さまざまな国の支配下となったほか、20世紀には地震やユーゴスラビア内戦で大きな被害を受けましたが、徐々に復興が進み、1979年に世界遺産に登録された後、2003年に拡大登録されました。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。