緊急時はすぐに通報できる【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

まさかのときに便利な「緊急SOS」

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

(Image:Shutterstock.com)

 事故や災害、犯罪など、思わぬトラブルはいつ起こるかわからない。また、突然の病では、一刻を争う場合もあるだろう。このような緊急事態に知っておきたいのが「緊急SOS」だ。
 iOS11で搭載されたこの機能は、iPhoneがロックされた状態でも警察や消防、海上保安庁など、現在地に応じて通報できる緊急連絡先に通報できる仕組みだ。番号をダイヤルしなくても、SOSを発信するだけで位置情報共に伝えられる。自身の位置を把握できないときや、意識を失ってしまったようなときでも、場所も通報できるので、大きな効果を発揮する。

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

iPhone X/8以降なら、サイドボタンと音量ボタンを同時に長押しする。音量ボタンはどちらでもよい

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

iPhone 7以前なら、電源ボタンをすばやく5回押す

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

緊急SOSの画面になるので、「緊急SOS」スライダーを右に向かってドラッグする

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

現在地に応じて通報できる相手が表示されるのでタップする。カウントダウンが始まり、終了後に通報される

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

Apple Watchでも同様の機能が利用可能。Apple Watchの場合、サイドボタンを長押しすれば、緊急SOSの画面が表示される

緊急SOSの設定を見直す

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

iPhone X/8以降で、iPhone 7以前の通報方法に戻す場合は、「サイドボタンで通報」をオンにする。緊急SOS自体を使わない場合は、「自動通報」をオフにすればよい

 緊急SOSは、通報のしかた、緊急時に連絡する相手などを設定できる。カバンなどに入れていて誤作動してしまったような場合は、設定を見直しておくといいだろう。

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

通報時、カウントダウン中に警告音が鳴るが、これを消したいときは、「カウントダウンで音を出す」をオフにする

緊急連絡先に家族や知人を追加する

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

「ヘルスケア」アプリを開き、画面右下の「メディカルHD」をタップ。次に画面右上の「編集」をタップしよう

 家族やかかりつけの遺書などを緊急連絡先へ登録しておくことも可能。緊急通報が終わったあと、登録した連絡先へメッセージや位置情報を送信できる。現在地が移動した場合は、その都度、新しい情報を送信することも可能だ。

【iPhone】まさかのときダイヤルしなくても緊急通報できるって知ってる

「緊急連絡先を追加」をタップし、表示されるアドレス帳から、緊急連絡先を選択する。あとは続柄を選択し、「完了」をタップすれば設定は完了だ