オトナライフ世界紀行【インド】首都デリーに建つ城塞「レッド・フォート(赤い城)」

インドの首都デリーに建つ、ムガール帝国時代の城塞「レッド・フォート(赤い城)」。
「デリー城」や「ラール・キラー」とも呼ばれているこのお城は、2007年に隣接するサリームガル城と共に「レッド・フォートの建造物群」として、世界遺産に登録されました。

「レッド・フォート(赤い城)」の歴史

【インド】首都デリーに建つ城塞「レッド・フォート(赤い城)」

 インドの首都デリー。その中心には、ムガール帝国(16世紀初頭~18世紀初頭にかけてインド亜大陸の大半を支配し、19世紀後半まで存続したトルコ系イスラム王朝)時代の首都だった「オールドデリー」と呼ばれる地域があり、その北端に建つ「レッド・フォート(赤い城)」は、赤砂岩が使用された赤い城壁から、現地では「赤い城」を意味する「ラール・キラー」とも呼ばれています。
 ヤムナー川沿いに建つこの「レッド・フォート(赤い城)」は、「タージ・マハル」を建設し、その豪快なお金の使いっぷりで国庫を傾かせ、のちに幽閉されることになってしまった王様である、ムガール帝国皇帝シャー・ジャハーンが建てたもの。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。