使用感の「ホントのトコロ」

LINEモバイルユーザーがそのメリットとデメリットを本音でぶちまける

格安SIM戦国時代において、常に話題の中心にいる「LINEモバイル」。この記事では、実際にLINEモバイルのユーザーである著者が、使用感の「ホントのトコロ」をぶちまけていきたいと思う。キャリアからの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてほしい。

メリットは「プランの安さ」と「SNS使い放題」!これに尽きる

LINEモバイルユーザーがそのメリットとデメリットを本音でぶちまける

(Image:Shutterstock.com)

 まず挙げられるのが「プランの安さ」だ。
 ドコモで月約1万円散財していた俺は、LINEモバイルに乗り換えてスマホ代が月約3,000円となった。約7,000円の節約。乗り換えるだけで毎月7杯のラーメンが食べられるようになる。これはデカイ。止まらない肥満化。
 次に、LINEモバイルはプランによっては「SNS使い放題」だ。
「圧倒的ツイ廃、」かつ「インスタは投稿しないけど他の人の投稿はめちゃ見る勢」、そして「連絡手段はLINEメイン」という俺にとって、ツイッター、インスタ、フェイスブック、ラインがすべて使い放題なのは嬉しみの鎌足。
 しかもこれはテザリングでも適用される。太っ腹すぎるだろ。

唯一のデメリットは「Apple Watchのセルラー通信」ができないこと

LINEモバイルユーザーがそのメリットとデメリットを本音でぶちまける

(Image:quangmooo / Shutterstock.com)

 Apple Watchには単体で通話や通信ができる「GPS+Cellularモデル」と、単体では使用できない「GPSモデル」があるのだが、俺はApple Watch4の「GPS+Cellularモデル」を使っている。
 しかし、「Apple Watch単体での通信や通話」はキャリアしか対応していない。
 そのため、めちゃくちゃ「宝のもちぐされ感」がある。
「え、じゃあGPSモデルにすれば?」と言われそうだが、大好きなセラミック素材は「GPS+Cellularモデル」にしかないので、仕方なく使っている。
 ただ、不満点といえば正直これくらい。
「速度の遅さ」や「電話つながりにくさ」などはまったく気にならない(東京在住)。
 あと実店舗がキャリアに比べて圧倒的に少ないのもまったく気にならない(そもそも店舗いかない)。

LINEモバイルに向いている人と向いていない人の違いは?

LINEモバイルユーザーがそのメリットとデメリットを本音でぶちまける

(Image:Tupungato / Shutterstock.com)

「実店舗で色々聞いたり、設定してもらったりして欲しいかどうか」
 これだけだと思う。
 なんだかんだ言ってやはりキャリアは店舗が多いので、「対人サービスじゃなきゃイヤ!」という人はもうキャリアにするしかあるまい。
 じゃなきゃ、わざわざ高い通信料を払ってキャリアを契約する意味はゼロ。

<まとめ>

LINEモバイル最強マジ!
はっきり言ってLINEモバイルはマジでオススメ。
ただ、実店舗のサービスが受けたい人にはオススメしない。
俺はこれから乗り換えによって浮いたお金でラーメンをすすりにいく。
ではでは。

 

※サムネイル画像(Image:mobile.line.me)

 

LINEモバイルユーザーがそのメリットとデメリットを本音でぶちまけるのページです。オトナライフは、【デジタルLINESIMカード得する本音格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。