かかりつけ医の紹介状があるとお得!大病院など「紹介状」のあるナシで費用が大幅に違うって知ってた!?

紹介状があれば大病院の医療費は安くなる

大病院など「紹介状」のあるナシで費用が大幅に違うって知ってた!?

 皆さんは、体調が悪いときやケガをしたときにいきなり大病院に行っていないだろうか?  実は町の小さな「かかりつけ医」に行って紹介状をもらってから大病院に行くと治療費が安くなり、診察も早くなるのである。
 そもそも「かかりつけ医」制度は、2015年5月に成立した「医療保険制度改革法」により、2016年4月から実施された。かかりつけ医の紹介状があると、大病院に自分の病状、検査結果、治療経過などが伝えられるので、大病院側では同じ検査をしなくて済む。そのため、治療費が安くなるのである。

一般病床が400以上が「大病院」

大病院など「紹介状」のあるナシで費用が大幅に違うって知ってた!?

(Image:Osugi / Shutterstock.com)

 もちろん、紹介状がなくても大病院で診てもらうことはできるが、いきなり大病院に行くと「選定療養費」として初診料5,000円(歯科は3,000円)以上、再診料2,500円(歯科は1,500円)以上を支払わなくてはならない。これは風邪やちょっとしたケガなどで、皆が大病院に集中するのを避けるため。まずは近所にある町の診療所に行くようにすればいいのである。
 ちなみに、大病院とは一般病床400以上の「特定機能病院」のこと。200~400床未満の病院は任意とっており、200床未満の病院はこの制度の対象外となる。