オトナライフ世界紀行【エチオピア】ラリベラの岩窟教会「地面の下に築かれた第2のエルサレム」

エチオピア北部の町ラリベラにある、11の岩窟教会群は、12~13世紀ごろに築かれた、エチオピア正教会の巡礼地です。
10世紀以降、エチオピアはザグウェ朝という王国が統治しており、ラリベラは「ロハ」と呼ばれる王国の首都でした。
1187年、イスラム教徒がキリスト教の聖地エルサレムを占領すると、これを受けて、ザグウェ朝のラリベラ王は、ロハを「第2のエルサレム」にしようと考えたのです。
そして、町を流れる川を「ヨルダン川」と名付け、川の東部と西部にいくつもの教会を築き始めたのです。
驚くべきは、これらの教会群がすべて巨大な岩盤を掘り抜いて造られた、地下に築かれた特異な構造を持つ点。地面の下に突然現れる巨大な十字架型の教会は、ほかに類を見ない存在として、世界遺産にも登録されています。

【エチオピア】ラリベラの岩窟教会「地面の下に築かれた第2のエルサレム」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。