PayPay100億円祭に対抗か?ビックカメラで「LINE Pay」を使うと最大で34%還元してくれる!

何かと話題になったPayPay100億円祭。ビックカメラでの28%還元は終了したが、今度はLINE Payで最大26%還元祭が始まっている。しかも、ビックカメラのポイント還元も8%付くのでトータルで最大34%還元が受けられるのだ。2018年12月31日までなので、PayPay100億円祭に乗り遅れた人は急げ!

実質最大26%も還元されるLINE Pay祭

ビックカメラで「LINE Pay」を使うと最大で34%還元してくれる!

 PayPay100億円祭は、ビックカメラでiPhoneを買ってPayPayで支払うと、最大28%も還元されることで盛り上がったが、アッという間に終了。そのために、ちょっとくやしい思いをした人も多いだろう。だが、そんなアナタに朗報。
 実は2018年12月21日から、LINEでは購入時に専用バーコードを読み込むことでLINEポイントがもらえる「SHOPPING GO」をスタートした。これはLINEポイントが2倍(0.5%→1%)になるキャンペーンで、その際にLINE Payで「コード支払い」をすると「Payトク」キャンペーンが併用され20%還元される。さらに、LINEのマイカラー(0.5~2%)のポイントが+3%上乗せされる「コード支払い」キャンペーンも適用されるので最大5%。つまりトータルで実質26%もの還元が受けられるのである。対象となる店舗はビックカメラ、コジマ、ソフマップで、キャンペーンは2018年12月31日までなので、スマホやPC、家電製品などを購入する予定があるならLINE Payで支払って得しよう。

 

■LINEのキャンペーン
①「SHOPPING GO」
→ポイント2倍キャンペーン(0.5%→1%)
※2018年12月31日まで

 

②「Payトク」キャンペーン
→LINE Pay支払いで20%還元
※最大5,000円まで
※2018年12月31日まで

 

③「マイカラー」+「コード支払い」
→マイカラー0.5%~2%に+3%上乗せ
※2019年7月30日まで

 

①+②+③=最大で26%還元

ビックカメラのポイントも別に8%還元される!

ビックカメラで「LINE Pay」を使うと最大で34%還元してくれる!

(Image:biccamera.co.jp)

 このLINE Pay祭は少々ややこしいので、もう少し詳しく解説しよう。ます「SHOPPING GO」は決済システムではなくLINEポイントのキャンペーン。もちろん、付与されたLINEポイントはLINE Pay残高にチャージできる。決済機能はLINE Payの「コード支払い」を使うが、今回の「Payトク」キャンペーンで購入額の20%が還元されるのだ。この2つが2018年12月31日までのキャンぺーンとなる。ただし、LINE Payの「コード支払い」の20%還元は上限は最大5,000円なので、商品価格2万5000円までしか満額還元されないのだ。
 さらに、2019年7月31日まで行われているのが、普段からLINE Payでポイント還元される「マイカラー」(0.5%~2%)に「コード支払い」で+3%上乗せされるキャンペーンだ。これでトータル最大26%還元となる。
 確かに「Payトク」キャンペーンの還元額は最大5,000円なので、PayPay100億円祭ほどのインパクトはないものの、ビックカメラのポイント還元も別途最大8%付く。したがってトータルでは34%の還元になるので、十分にお得だと言えるだろう。

LINE

LINE

アマゾンで購入楽天で購入