オトナライフ世界紀行

【ハンガリー】ブダペスト『宝石のように輝く美しき「ドナウの真珠」』

古代ローマ時代に起源をもつハンガリーの首都、ブダペスト。街の中心をドナウ川が流れており、川を挟んだ西岸のブダ地区と東岸のペスト地区から構成される、中央ヨーロッパを代表する歴史都市として知られています。
もともと、ブダ地区とペスト地区はそれぞれ独立した街でしたが、アジア系遊牧民のマジャール人や、ヨーロッパ随一の名門であるハプスブルク家などの支配を経て、東西文化が混在する独特の街並みが形成されました。
ブダペストの数ある見どころのなかでも、ドナウ川に架かる「セーチェーニ鎖橋」や、かつての王宮である「ブダ城」、10の中庭と691の部屋をもつブダペストのシンボル「国会議事堂」などの歴史的建造物は、必見の美しさ。

【ハンガリー】ブダペスト『宝石のように輝く美しき「ドナウの真珠」』

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【ハンガリー】ブダペスト『宝石のように輝く美しき「ドナウの真珠」』のページです。オトナライフは、【ライフスタイル世界紀行旅行海外海外旅行観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。