ポートレートモードで撮影した写真なら【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

被写体が立体的に見える「3D写真」を投稿する

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

(Image:Shutterstock.com)

 2018年10月にFacebookが提供を開始した「3D写真」とは、スマホを動かした方向に背景が動き、被写体が立体的に見えるようになる機能だ。3D写真で投稿された写真は、誰でも立体的に見られる。
 3D写真を投稿するには、いくつかの条件がある。まず、対応しているスマホは「ポートレートモード」で撮影できるiPhoneのみ。また、「Facebook 360」というFacebookページに「いいね!」をしておく必要がある。これらの条件を満たせば、「ポートレートモード」で撮影した写真を3D写真として投稿できる。

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

「Facebook 360」で検索し、「Facebook 360」ページを表示させたら「いいね!」をタップしよう

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

Facebookの新規投稿画面を表示させたら、画面下部のメニューで「3D写真」をタップする

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

ポートレートモードで撮影された写真が表示されるので、投稿したい写真をタップする

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

選択した写真が3D写真に変換される。変換されると、iPhoneを傾けるだけで写真も併せて動くようになる。写真を確認したら「次へ」をタップしよう

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

投稿画面に戻るので、文章を入力して「シェア」をタップしよう

【Facebook】3D写真が投稿できるって知ってた?

3D写真が投稿され、タイムラインに表示された。この写真は誰でも3Dで見ることができる