オトナライフ世界紀行

【シンガポール】近代建築とアジア情緒が融合した、世界有数の国際都市

マレー半島南端に位置するシンガポール。ほぼ赤道直下にある常夏の国であり、最も大きいシンガポール島を筆頭に、63の小さな島々で構成されています。
「シンガポール」という国名は、サンスクリット語で「獅子」を意味する「シンハ(Sinha)」に由来し、1965年に都市国家として独立して以来、東南アジアの流通・経済の中心地として今も急速な発展を続けている、アジア有数の近代国際都市です。
また、街には近代的な高層ビルが林立する一方で、数多くの南国の植物たちが街を彩り、「ガーデン・シティ」とも呼ばれる美しい街並みを誇ります。

【シンガポール】近代建築とアジア情緒が融合した、世界有数の国際都市

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【シンガポール】近代建築とアジア情緒が融合した、世界有数の国際都市のページです。オトナライフは、【ライフスタイル、世界紀行、旅行、海外、海外旅行、観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。