オトナライフ世界紀行【中国】紫禁城(故宮)「明・清朝の栄華を今に伝える、世界最大の宮殿」

中国の首都・北京旧市街の中央に位置する巨大な宮殿、「紫禁城(しきんじょう)」。「昔の宮殿」を意味する「故宮(こきゅう)」という別名の通り、かつて明、清朝の王宮として、歴代24人の皇帝が暮らした場所です。
その総面積は約72万平方メートルにおよび、世界最大の宮殿の遺構として知られており、1961年には中国国務院によって国家重要文化財に指定され、その後、1987年には「北京と瀋陽(しんよう)の明・清王朝皇宮」のひとつとして、世界遺産に登録されました。
現在は、およそ100万点もの収蔵品を擁する「故宮博物院」として、一般に公開されています。

【中国】紫禁城(故宮)「明・清朝の栄華を今に伝える、世界最大の宮殿」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。