災害時に開放されるWi-Fiを使う災害時、スマホや携帯がネットにつながらないときはどうすればいい?

地震や台風など、日本は自然災害が非常に多い国だ。このような災害が発生したとき、携帯電話網が利用できなくなると、電話やネットにもつながらずに情報が集められずになってしまう。このようなときは、無料で開放されるWi-Fiを利用しよう。

「00000JAPAN」って何?

災害時、スマホや携帯がネットにつながらないときはどうすればいい?

(Image:Shutterstock.com)

 地震や台風、局地豪雨など、今年も多くの災害に見舞われた日本。災害時ほど重要になるのが安否確認や情報収集だ。しかし、災害時は停電が発生したり、携帯電話通信網がダウンするなど、ライフラインに大きな影響を及ぼす恐れがある。電話のみならず、ネットが利用できなくなると、ほとんどの情報収集が困難になってしまう。そんなときに活用したいのが「00000JAPAN」(ファイブゼロ・ジャパン)だ。
「00000JAPAN」とは、災害時に被災者等がインターネットに接続できるよう通信事業者等が無料で開放する公衆無線LANのアクセスポイントのこと。2011年に発生した東日本大震災での教訓をもとにして、2014年に「00000JAPAN」のガイドラインを制定し、2016年に発生した熊本地震の際に初めて開放された。

災害時、スマホや携帯がネットにつながらないときはどうすればいい?

「00000JAPAN」は、通信事業者等が無料で開放する公衆無線LANのアクセスポイントのことで、災害時に被災者等がインターネットに接続できる

「00000JAPAN」を使うには

災害時、スマホや携帯がネットにつながらないときはどうすればいい?

iPhoneの場合、設定画面を開いて「Wi-Fi」をタップする

 大規模災害が発生し、携帯電話やスマホが長時間利用できない恐れがあると判断されると、災害発生から72時間以内に「00000JAPAN」が開放される。開放後、「00000JAPAN」を使うには、Wi-Fiの設定画面を開いて「00000JAPAN」を選択するだけだ。IDやパスワードを入力する必要はない。
 このように、緊急時の利便性を優先させるため、ユーザー認証や暗号化などのセキュリティ対策が行われていない。そのため、利用はあくまでも情報収集に止め、IDやパスワード、個人情報の入力、オンラインバンキングや株式取引の利用など、個人情報や金銭が関係するサービスでの利用は行わないようにしよう。
 また、「00000JAPAN」に似せた名前の偽アクセスポイントを作り、誤って接続した人の情報を盗む犯罪が起きる可能性もある。利用するときは「0」がちゃんと5つあることをチェックしたい。あるいは、まったく同じ名前で偽アクセスポイントが悪意ある第三者によって設置されることも考えられる。その場合、多くの情報が盗まれてしまう危険があるので、利用時は十分に注意したい。
 なお、利用するには公衆Wi-Fiスポットの電波の届く範囲にいる必要がある。どの場所でWi-Fiを無料開放しているかは、通信会社各社のホームページなどで確認できる。このような情報は平時のときに確認しておくのがお勧めだ。

災害時、スマホや携帯がネットにつながらないときはどうすればいい?

「00000JAPAN」をタップすれば、すぐに接続される。アクセスポイント名は必ず確認してから接続するようにしよう